食や自然が豊富で、さまざまな泉質の温泉が多くあり、魅力あふれる山形県。国内外から多くの観光客が訪れる蔵王スキー場をはじめとした、週末や休日のおでかけにぴったりの施設がたくさん存在する。

今回はおでかけ情報サイト「ウォーカープラス」の持つアクセスデータから、山形県で人気のおでかけスポット5選を紹介しよう(データは2020年4月1日時点のもの)。

■リナワールド
約30種の豊富なアトラクションを備える東北随一のレジャーランド。ハローキティのイラストが描かれた観覧車など、子供や女性が喜ぶアトラクションが人気で、ジェットコースターなどの絶叫系アトラクションも充実している。また、有機ELを使用し2014年に登場した世界初のアトラクション「Magicミラーワールド夢幻」も人気だ。
このほか、手づくり体験ができる「夢工房」や、小動物とふれあえる「ふれあい動物広場」をはじめ飲食店も充実しており、絶叫マシンが苦手な人でも楽しめる。家族で、カップルで訪れたいスポットだ。

■東沢公園(東沢バラ公園)
日本有数の規模を誇るバラ園と3つの湖を中心とした「東沢公園」。約7万平方メートルの広さに、世界各国の約750品種・2万株のバラが咲き誇り、満開時には甘い香りに包まれる。村山市オリジナルのバラ「むらやま」や平和の象徴「ピース」、貴重な品種「バイオレット」などが植えられており、見頃を迎える6月上旬から9月下旬までは、バラまつりやさまざまなイベントが開催される。全国のバラ園で唯一「かおり風景100選」の認定を受けており、2015(平成27)年には全国展開されている「恋人の聖地」にも認定された。

■酒田市外山キャンプ場
手入れの行きとどいた芝生のサイトが心地よいキャンプ場。四季折々の自然を満喫できるほか、車で5分の山頂では庄内平野を一望できる。また、天体観測館、森林学習展示館があるため、さまざまなレジャー体験を楽しめる。ペットと一緒にキャンプができるのも魅力だ。
海の森の中腹に位置するため眺望も良く、海の森一帯にはさまざまな施設があり、自然の遊び場としてはもちろん見どころも豊富。美しく広々としたキャンプ場ではバーベキューなどアウトドア体験が楽しめ、夜になると美しい夜景を眺めることができる。

■花咲山展望台
葉山温泉街のすぐ裏手に位置する、標高319メートルの花咲山の中腹にある展望台。展望台へは車でも行けるが、道が狭く注意が必要。温泉街のある上り口の駐車場から徒歩30分ほど歩くのが一般的だ。快晴の日はもちろん、雨上がりや朝もやの広がる日などの風景もおすすめで、さまざまなかみのやま温泉街の表情を眺めることができる。
クアオルトウォーキング・葉山コースの一部になっており、専任ガイドと周囲の散策が楽しめるほか、プロポーズにふさわしいロマンチックな場所として「恋人の聖地」認定を受け、幸の鐘も設置されていることから、若いカップルも多く訪れる。夜景の名所としても有名だ。

■山形県総合運動公園屋外プール
約56万平方メートルの広大な運動公園内で、夏季のみ開設される屋外プール。レクリエーションプールには、全周約200メートルの流水プール、大型滑り台、全長100メートルのチューブスライダーと全長72メートルのボディスライダーの2基を設置するほか、日本水連公認の競泳用50メートルプールも完備。幼児プール、自動プールなども備える。
大人気なのは、ビニール製の巨大風船でフワフワと揺れる水面を歩くアクティビティ「ウォーターローラー」。このほか、売店では軽食も販売しているので、遊び回ってお腹が空いたらぜひ利用しよう。

時期によってアトラクションや展示内容が変更になる場合もあるので、事前にしっかりと確認を。何度でも訪れたい施設が豊富なので、今から予定を立てておこう。

※新型コロナウイルス(COVID-19)感染症拡大防止にご配慮のうえおでかけください。マスク着用、3密(密閉、密集、密接)回避、ソーシャルディスタンスの確保、咳エチケットの遵守を心がけましょう。

※記事内の価格はすべて税込表示です。商品・サービスによって軽減税率の対象となり、表示価格と異なる場合があります。