「宮崎市フェニックス自然動物園」の見どころからグルメ・お土産まで、おでかけの前に知っておくと便利な情報を徹底レポート!(※記事内で紹介している展示やアトラクション、イベント、施設等は、休止・中止または内容が変更になっている場合があります。ご注意ください)

■宮崎市フェニックス自然動物園ってどんなところ?遊園地にプールもあるテーマパーク
太平洋に面する宮崎市北東部、一ツ葉(ひとつば)海岸の広大な松の丘陵にある宮崎市フェニックス自然動物園。太平洋を望む約14万平方メートルの広々とした丘陵地には、約100種1200頭(羽)の動物たちが飼育されている。園内には動物展示場のほかに、遊園地、プール、レストラン・ショップ、どうぶつ情報プラザや広場なども。宮崎の子供たちに約50年以上愛され続けている宮崎市フェニックス自然動物園の魅力を徹底紹介!

■【アクセス】住吉ICを降りてすぐの好アクセス
開園時間は9時〜17時まで(入場は16時半まで)。休園日は毎週水曜日(春休み・夏休み・冬休み期間は開園)と12月31日。入園料は高校生以上の大人が840円、中学生は420円、小学生は310円、未就学児は無料。春と秋の市民感謝デーは、宮崎市市民は入園料大人300円、中学生以下は無料になる(要身分証明書)。

アクセスは、電車の場合、JR日豊本線の日向住吉駅よりタクシーで約10分。バスターミナル&ショッピングセンターの「宮交シティ」からフェニックス自然動物園行きのバスが運行しているが、本数が少ないので宮崎交通公式サイトなどで確認を。

車の場合は、一ツ葉有料道路の住吉ICから約1分で動物園の駐車場が見えてくる。駐車場は1000台。乗用車は1日400円になる。

■【攻略法】動物展示ゾーンをじっくり楽しむなら2時間キープ!
動物展示ゾーンはチンパンジーの森、アフリカ園、こども動物村などに、約100種1200頭(羽)の動物たちを展示。ゾウやキリンなどの大型動物からカイウサギやカメなどの小さなものまで、かっこいい&かわいい動物たちがいっぱい!

おすすめの楽しみ方を飼育課の関希美さんに聞いてみると「群れで飼育しているアフリカ園の動物たちやチンパンジーの森、そしてフラミンゴ村はマストです!動物たちの思わぬ行動を発見するかもしれません」とのこと。動物園エリアをじっくり観て楽しむなら2時間程度は確保しておきたい。

チリーフラミンゴ約60羽による、園オリジナルの“フライング・フラミンゴショー”や、間近で見ることができる“ゾウさんのお散歩”などを含む各種動物イベントは、2020年6月現在休止中。再開に関する最新情報は公式サイトで確認を。

■【おすすめ1】脱力系の動物たちの姿は癒やし度満点!
動物園の楽しみといえば、動物たちの何気ない日常。のんびりお昼寝をするロバやカンガルーに、オランウータンをはじめとした大型霊長類たちのおじさん(?)のような動きや、獰猛に見えるライオンやトラたちが猫みたいに爪を研いだりゴロンとくつろぐ姿を見ることができる。じっくり眺めていると、それぞれに個性が見えてくるのがおもしろいところ。次々と動物たちを見ていくのもいいけれど、時には目に止まった個体だけをじっくり観察してみるのもいいかも!

■【おすすめ2】遊園地ゾーンにはキュートな乗り物がいっぱい!
遊園地ゾーンには15種の乗り物があり、スワンやダンボ、マウスといった動物をモチーフにしたデザインのアトラクションがズラリ。保護者同伴なら0歳から楽しめる乗り物もあり、赤ちゃんや未就学の幼児でも思いっきり楽しめる。

夏には200メートルの流れるプール、スライダー各種もあるのでチェックしよう。※2020年はプール利用を中止。

■【グルメ・お土産】園内での食事・お土産売り場をチェック
園内のレストランは10時〜16時まで営業。宮崎名物の「チキン南蛮丼」(税込920円)をはじめ、カレーライスや丼物、キッズに人気の「お子様からあげカレー」(税込720円)などのキッズメニューが充実。ドリンクやフロート、ソフトクリームなどもそろっている。

レストランの向かいにあるショップは9時〜17時まで営業。“〜アニマルズ〜どうぶつたちの集まる場所”をテーマに、園内の店ならではの動物愛にあふれたグッズが並んでいる。

動物園オリジナルの「フルカラーミニタオル」(税込418円)、「チョコリーフパイ」(税込648円)のほか、「アニマルせんぷうき」(税込858円)や動物園オリジナルの「石チョコ」(税込550円)、「うちわ」(税込330円)などもおすすめだ。

■施設担当者に聞く!宮崎市フェニックス自然動物園の楽しみ方
「新型コロナウイルスの影響がなくなりイベントが再開できるようになりましたら、約30分おきに開催される特別ガイドやフラミンゴショーなどのさまざまなイベントも見どころです。ぜひお楽しみいただきたいと思います」(飼育課副長の関希美さん)

2020年6月現在、新型コロナウイルス感染防止のため、“フライング・フラミンゴショー”や“ゾウさんのお散歩”“小動物とのふれあい”といった動物イベントは中止中。動物たちと仲良く楽しめる機会が減っているのは残念だが、動物たちの最新情報はFacebookなどで随時公開中だ。

2020年春にはリスザルやトカラヤギの赤ちゃんが誕生し、お披露目も楽しみな宮崎市フェニックス自然動物園で、動物たちの姿を間近に眺めてリフレッシュしよう!

■【新型コロナウイルス感染拡大予防対策】
・発熱などの風邪症状がある方や、体調の優れない方は、入園をお控えください。
・スタッフがマスクや手袋を着用している場合があります。
・入園の際は、マスクの着用、咳エチケットへのご協力をお願いします。
・こまめな石けん手洗い・消毒にご協力ください。

取材・文=石澤理香子

※新型コロナウイルス(COVID-19)感染症拡大防止にご配慮のうえおでかけください。マスク着用、3密(密閉、密集、密接)回避、ソーシャルディスタンスの確保、咳エチケットの遵守を心がけましょう。

※記事内の価格は特に記載がない場合は税抜き表示です。商品・サービスによって軽減税率の対象となり、表示価格と異なる場合があります。

※2020年5月時点の情報です。