昨年人気を集めた「AKOMEYA TOKYO」のかき氷が新たな形で登場!6月26日(金)から8月31日(月)まで、AKOMEYA厨房、AKOMEYA食堂で提供される。

今回は“ケーキのようなかき氷”がテーマ。きめ細かいふんわりとした口どけの氷に、生クリームと練乳を合わせた特製クリーム、優しい甘さのシロップをかけ、自家製の米ぬかクッキーをトッピングしている。その味わいはまるでタルトのよう。さらに、熊本県の老舗「白玉屋新三郎」の白玉も加わり、もっちりふわっとした食感も堪能できる。

「かき氷 八女抹茶金時クリーム」(1200円)は、純日本産の砂糖、さぬき和三宝糖が入った優しい甘さの八女抹茶シロップに、ほろ苦い八女抹茶クリームをトッピング。添えられた小倉あんで味の変化も楽しめる。

「かき氷 レモンクリーム」(1200円)は、瀬戸内レモンにバターや卵黄を加えたレモンカードを使ったコクのあるシロップに、さわやかなレモンクリームがマッチ。皮付レモンが味に新鮮なアクセントを加える。

「かき氷 いちごクリーム」(1200円)は、みずみずしいいちごの果肉と練乳いちごクリームが相性抜群の組み合わせ。かき氷の定番でありながらも後を引くおいしさだ。

「かき氷 和栗クリーム黒蜜きな粉」(1500円)はAKOMEYA厨房 銀座本店限定。きな粉黒蜜と和栗ならではの上品な甘さにほっこり。素材の良さが引き立つ大人のかき氷に仕上がっている。

米ぬかクッキーや白玉といった、かき氷を引き立てる“お米”が使われているのもAKOMEYA TOKYOならでは。目にも鮮やかなひんやりスイーツで夏の暑さを吹き飛ばそう。

※記事内の価格は特に記載がない場合は税抜き表示です。商品・サービスによって軽減税率の対象となる場合があり、表示価格と異なる場合があります。
※新型コロナウイルス(COVID-19)感染症拡大防止にご配慮のうえおでかけください。マスク着用、3密(密閉、密集、密接)回避、ソーシャルディスタンスの確保、咳エチケットの遵守を心がけましょう。