ベビースターラーメンをモチーフにした都市型テーマパーク「リトルおやつタウンNamba」が、10月2日(金)に大阪・難波でオープンする。

同施設には、体験コーナーにアミューズメント、そしてフードコーナーにテイクアウト、さらにはお土産コーナーもあり、充実の施設になるとのこと。



体験エリア「ホシオくんキッチン」では、自分好みの味付けでベビースターを作れる「Myスペシャルベビースター」や、初登場となる蒸しパン作り、ふりかけ作りのプログラムが体験できる予定。


アミューズメントエリア「ホシオくんファンタジーパーク」では、ベビースターをテーマにしたデジタルコンテンツが並ぶ。

映像や音に合わせて手足を動かしたり、自分のアバターを動かしたりして遊べるコンテンツなどが楽しめる。


フードエリア「ベビースターダイニング」では、プロのシェフが作る新しいアレンジのベビースター料理を提供。ランチやディナー、カフェとして利用でき、ディナータイムにはアルコールに合うメニューも登場する。


できたてが楽しめるテイクアウトコーナー「おやつデリ」は、パリッポリッと香ばしい、揚げたてベビースターの実演販売を行うほか、ベビースターを使ったカレーパンや肉まんのテイクアウト販売を予定。


物販エリア「おやつマルシェ」では、「大阪こてこてたこ焼き味」、南海電鉄の空港特急「ラピート」とコラボした「カレー味」など、施設限定のベビースターラーメンをはじめとするお菓子や、ふりかけなどを多数販売する予定。

お菓子だけではなく、ベビースターやブタメンをモチーフにした日常でも使えるステーショナリーや小物も勢ぞろいする。