都内の人気ラーメン店が、「ラーメンWalker東京2020」(発売中)の読者のために、月に1回ずつラリー形式で限定ラーメンを作る「限定麺ラリー」。共通テーマの「高級食材」を使い、各店が今回しか食べることのできない至極の一杯を作り上げる。6月開催だったが、新型コロナウイルスの影響で延期になっていた「らぁ麺 やまぐち」の限定麺が、7月にネットショップのみで発売されることが決定した。
■【2020年7月10日(金)販売受付】松坂牛を使った濃密な一杯!
松坂牛のかけそば(2,420円)。「らぁ麺 やまぐち」のネットショップのみで20年7月10日(金)12:00ごろ〜販売。80杯限定(1人1食のみ)。

福島県会津若松市出身の山口店主が、地元の食材を使いたいと取り入れた会津地鶏と、その地鶏のよさをさらに出すために合わせる山水地鶏の旨味がよく出た淡麗ラーメンで人気を博している「らぁ麺 やまぐち」が今回取り入れる食材は松坂牛。普段のメニューでは牛は扱わない同店だけに、とても貴重な一杯に。スープは、松坂牛のテールや肉を煮込んで抽出したもので、上品な甘味と濃密な和牛の旨味をとことん味わえる。また、タレも牛肉ベースで仕込んだ醤油ダレで、まさに和牛をとことん味わえる仕上がりになっている、なんとも贅沢な一杯だ。ひと口飲むと口の中に広がる、ふくよかなスープはクセになること間違いないし。麺との絡みも抜群だ。
素材のよさを生かした絶品ラーメンを生み出す店主が挑戦する松坂牛のラーメンは期待十分!
東陽町にある麻婆まぜそばが看板メニューの「らぁ麺 やまぐち 辣式」も人気になるなど、山口店主の創造性豊かなアイデアから作られる今回の限定麺。スープと麺のみの‟かけスタイル"というシンプルな構成も自信の表れと言える。

今回は、新型コロナウイルスの影響で店舗内での販売を取りやめ、全品「らぁ麺 やまぐち」のネットショップで販売に。同サイトの中に「ラーメンWalker東京2020」限定麺専用ページができるので、そこから購入できる。専用ページのURLは、20年7月10日(金)12:00ごろにラーメンWalker公式Twitterで発表。

【らぁ麺 やまぐち】住所:東京都新宿区西早稲田3-13-4 電話:03-3204-5120 時間:11:30〜15:00、17:30〜21:00、日曜11:30〜15:00(各LO) 休み:月曜 席数:14席(カウンター12、テーブル2)※禁煙 駐車場:なし 交通アクセス:西早稲田駅1出口より徒歩7分
※「ラーメンWalker東京2020」限定麺ラリーの店舗内販売はなし。すべてネットショップでの販売。

今回は「らぁ麺 やまぐち」のネットショップで購入し、ラーメンと一緒にシールが送られてくるので、そのシールを本誌の台誌に貼ろう。参加店を巡って、シールを5枚集めると10店舗からのすてきなオリジナルのレアグッズどれか1つが抽選でもらえる。またすべてコンプリートすると、参加店の100円以下のトッピングが無料になる、ラーメンWalker特製のレンゲを30名にプレゼント! 定番メニューとは異なるこのイベントだけの珠玉の一杯をお楽しみに!

※限定麺を食べるには必ず「ラーメンWalker東京2020」が必要です(1人1冊、電子版不可)。今回の限定麺は不要だが、ラーメンWalkerの公式Twitterで販売URLを発表。

※2020年4月に開催予定だった「Japanese Soba Noodles 蔦」は、新型コロナウィルスの影響で開催が延期になりました。振替開催日が決定次第お知らせします。

【ラーメンWalker東京2020限定麺ラリー参加店舗】2019年10月「饗 くろ㐂」(終了)、11月「麺屋 一燈」(終了)、12月「鶏こく中華 すず喜」(終了)、2020年1月「真鯛らーめん 麺魚」(終了)、2月「KaneKitchen Noodles」(終了)、3月「Tombo」(終了)、4月「Japanese Soba Noodles 蔦」(延期)、5月「超純水採麺 天国屋」(終了)、6月「らぁ麺 やまぐち」(7月10日にネットショップで販売)、7月「くじら食堂 nonowa東小金井店」(開催中)

【取材・文=瀧本充広、撮影=野口 彈】