スタジオジブリの展示イベント「ジブリの“大じゃない”博覧会」が、2020年7月22日(水)から9月3日(木)まで「愛知県美術館ギャラリー」(名古屋市東区)にて開催。新型コロナウイルスの影響で開催が延期となっている「ジブリの大博覧会〜ジブリパーク、開園まであと2年。〜」とは別の新規企画で、愛知限定開催のジブリイベントとなる。この冬に放送を控える長編アニメーション作品「アーヤと魔女」と、2022年に開業予定の「ジブリパーク」(愛知県長久手市、愛・地球博記念公園内)の2大トピックに関連する未公開資料をいち早く展示するほか、写真撮影コーナーなども登場。三密を避けるために日時指定入場制を導入するなど、新型コロナ感染防止対策も講じられる。

■宮崎駿氏の企画作品「アーヤと魔女」の人形を初披露
2020年冬に、NHK総合テレビで放送を控える長編アニメーション作品「アーヤと魔女」。宮崎駿氏が企画し、「ゲド戦記」や「コクリコ坂から」で知られる宮崎吾朗氏が監督を務める本作は、カンヌ国際映画祭の「オフィシャルセレクション 2020」にも選出されるなど世界的な注目を集めている。本イベントでは、主役の「アーヤ」をはじめ、登場キャラクターたちの人形が披露される。

■開業が待ち遠しい「ジブリパーク」の最新資料も!
「愛・地球博記念公園」内に2022年秋に開業予定の「ジブリパーク」は、ジブリの世界観を凝縮した公園施設。総合プロデューサーの宮崎吾朗監督の演出による、「青春の丘」、「ジブリの大倉庫」、「どんどこ森」、「もののけの里」、「魔女の谷」の5エリアで構成される。「青春の丘」、「ジブリの大倉庫」、「どんどこ森」の3エリアは2022年秋に第1期オープンし、残る2エリアは約1年後に第2期オープン予定。同パークへの期待が高まる、建築模型やスケッチなどの貴重な資料が集合する。

■ジブリの「過去から未来」を体感できる展示コーナーが充実
スタジオジブリのこれまでの活動を振り返るさまざまなコーナーを設置。夏の思い出づくりにおすすめの記念撮影スポットでは「三鷹の森ジブリ美術館」からやって来た「ネコバス」や、「天空の城ラピュタ」、「紅の豚」、「ハウルの動く城」、「かぐや姫の物語」などの名場面を背景に記念撮影ができる。「千と千尋の神隠し」コーナーには、巨大な「湯婆婆」と「銭婆」のおみくじが登場。さらに、宮崎駿監督が選んだ児童文学作品の直筆推薦文コーナーも設けられ、数々のジブリ作品の根底に流れる児童文学の魅力を紹介する。


■ スタジオジブリ代表取締役社長、中島氏からのメッセージ
コロナウイルス感染拡大防止のため、多くの展覧会が中止や延期となるなかで「展示物は2mの間隔をあけ、観客が密にならないようにすること」という厳しい条件での開催となる本イベント。スタジオジブリの代表取締役社長、中島清文氏は「ジブリの展覧会といえば、一回では見切れないほどの膨大な展示物に埋め尽くされた、密度の濃さが特徴です。それを禁じられたらジブリらしさを打ち出せません。さすがに無理ではないかという意見もありました。 しかし、イベントや展覧会がほとんどなくなってしまったこういう時だからこそ、ジブリパーク開設を2年後に控えた愛知県の皆さんにジブリで楽しんでいただきたい」「様々な機会にお披露目した制作物が並びます。そして初出しとなる展示もご用意しています。感染予防のためにいろいろとご不便をおかけしますが、少しでも楽しい時間を過ごしていただけたら幸いです」とメッセージを寄せた。

■ 新型コロナウイルス感染予防対策を徹底、鑑賞環境に配慮
公益財団法人日本博物館協会の「博物館における新型コロナウイルス感染拡大予防ガイドライン」
や愛知県の「県新型コロナウイルス感染拡大予防対策指針」に基づき、鑑賞時の衛生面にも配慮。
感染防止対策は以下の通り。

■来場前
●入場券は日時指定制で販売し、入場者に上限を設ける
●以下のいずれかに該当する方には来場を控えてもらうよう要請する
 ・発熱(37.5℃以上)や悪寒、咳、頭痛、咽頭痛、鼻水、下痢、嘔気・嘔吐、全身の倦怠感、味覚・嗅覚の違和感、関節・筋肉痛などの風邪の症状がある場合
 ・来場の2週間以内に、新型コロナウイルス感染陽性者と濃厚接触があった場合
 ・来場の2週間以内に、政府から入国制限、入国後の観察期間を必要とされている国・地域の訪問歴や当該在住者と濃厚接触があった場合
●入場券に氏名と連絡先(電話番号)の記入を要請する(券面に記入欄を設け、入場券は入口で回収)
●感染対策のため、必要に応じ、保健所をはじめ公的機関に提供。収集した個人情報は感染対策のみに使用し、厳重に管理する(1ヵ月間保存し、感染者が発生しなければ廃棄する)

■来場時
●入場前にサーモグラフィーの体温測定を実施。発熱(37.5 度以上)の場合、入場をお断りする
●咳エチケット、マスクの常時着用、手洗い・手指消毒等への協力を呼び掛ける
●周囲の来場者と距離の確保を呼び掛ける
●混雑を生まないため、鑑賞時間は1時間程度を目安とすることを案内する
●展示物や展示ケース、壁への接触を禁止する

■運営側の取り組み
●展示室の衛生対策消毒用アルコールを設置する
●会場は定期的に清掃、消毒、換気を実施
●スタッフはマスクを常時着用。体調不良者の出勤を停止し、こまめに手洗いや消毒を行う


■「ジブリの“大じゃない”博覧会」/ 期間:2020年7月22日(水)〜9月3日(木) / 会場:愛知県美術館ギャラリーA・B・H・I(愛知芸術文化センター 8F) / 住所:愛知県名古屋市東区東桜1-13‐2 / 電話:050-5542-8600(ハローダイヤル 8:00〜22:00) / 時間:10:00〜18:00(最終入場 17:30)、金曜日 〜20:00(最終入場 19:30) / 休み:月曜(祝日の場合は翌日)、2020年8月11日(火) / 料金:平日 一般 税込 1400円ほか、土日祝 一般 税込 1500円ほか ※販売方法などの詳細は特設サイトをチェック

※新型コロナウイルス(COVID-19)感染症拡大防止にご配慮のうえおでかけください。マスク着用、3密(密閉、密集、密接)回避、ソーシャルディスタンスの確保、咳エチケットの遵守を心がけましょう。