8月11日(火)から16日(日)までの期間、新宿住友三角ビル 三角広場にて「TOKYO SAKE FESTIVAL2020(以下、TSF2020)」が開催。それに伴い、7月9日に記者発表会が開催され、日本酒好きの大食いアイドル・もえのあずきや、TSF2020日本酒スーパーバイザーで上杉謙信の末裔である上杉孝久氏(日本食文化会議 理事長)ら豪華メンバーが登壇した。

最新空調設備を備える約3000平方メートルの大空間で、ソーシャルディスタンスを保ちながら楽しめる酒祭り「TSF2020」は、“日本酒を世界に広め、おいしい日本酒を発見しよう!”をテーマにした、厳選酒蔵の日本酒を存分に堪能できるイベント。銘酒酒蔵51蔵が参加しており、世界中で注目される美酒を味わうことができる。出展される日本酒は毎日20蔵のお酒を入れ替え制で出品。入場券(当日券4000円/10杯試飲パス付き)を手に入れれば、10種の好きな銘柄の日本酒を試飲できるしくみだ。

記者発表会には、もえのあずき、上杉孝久氏の他、高橋名人やプロレスラーの藤波辰爾、格闘家の前田日明が出席。さらに、新極真会 現世界チャンピオンの島本雄二、ダンスパフォーマンスチーム「リアルアキバボーイズ(RAB)」の榊原敬太、「TSF2020」公式キャラクターである上谷えり奈、ミス日本酒2020の松井詩、「TSF2020」統括総合プロデューサーとして藤原靖弘氏(世界日本酒機構)らも出席。「TSF2020」のステージイベントを彩るメンバーたちが集結した。

多くの著名人やアーティストが出演するメインステージのプログラム内容は、日程と時間の枠ごとに変更するシステムだ。「TSF2020」総合アンバサダーとなった演歌歌手・細川たかしと杜このみのステージは、初日8月11日(火)の18時30分からのチケット枠で観覧できる。

また、開会式には新極真空手の世界チャンピオン島本雄二兄弟が出演し、演武を披露する予定。さらには、人気コスプレイヤーのえなこ、似鳥沙也加、宮本彩希の撮影会ステージや、小錦&千絵のハワイアンステージなどを、お酒を飲みながら楽しむことができる。

さらに「TSF2020」の新しい試みとして実施される、世界のゲーム会社と日本酒のコラボレーションにも注目したい。ゲームコンテンツ『PAC-MAN』『GO SEGA』『龍が如く』などとタイアップしたお酒が展示される他、会場の特大モニター前で一般客参加型のゲーム大会も開催。お酒片手に参加することができる。また、サプライズも予定されているというので会場でぜひチェックしよう。

チケットは、全国のセブンイレブンに設置されているセブンチケットにて販売中だ(当日券4000円/10杯試飲パス付き、前売券3500円/10杯試飲パス付き、追加チケット1000円/5杯試飲パス、追加チケット2000円/10杯試飲パス ※1杯は30mlのカップ)。

※「TSF2020」は消毒タイムを設定し、全国のさまざまな酒造が製造した消毒用アルコールで客の入れ替え時間に消毒する(1枠2時間で入れ替え制のイベントとなり、入れ替え時に消毒タイムを設ける)。さらに入場者制限も予定。

※新型コロナウイルス(COVID-19)感染症拡大防止にご配慮のうえおでかけください。マスク着用、3密(密閉、密集、密接)回避、ソーシャルディスタンスの確保、咳エチケットの遵守を心がけましょう。