7月14日、JR東日本が高輪ゲートウェイ駅前で開催する「Takanawa Gateway Fest」内に「J WAVE NIHONMONO LOUNGE」がオープン。日本の文化を知り尽くした、元サッカー日本代表の中田英寿氏と、J-WAVEのコラボレーションによって生まれた同レストランは、日本の魅力がたっぷり詰まった空間となっている。

会場では、過去4回にわたって開催された中田氏主宰の “SAKE”イベント「CRAFT SAKE WEEK」とコラボレーションした日本全国の選りすぐりの日本酒が楽しめるほか、予約困難な日本最高峰のレストランが監修した、ここでしか食べることができないスペシャルメニューも提供。また、中田氏が全国を巡る旅の中で見つけた工芸品など、日本の魅力を集めたショップ「NIHONMONO TOKYO」も併設されている。

■全国の銘酒159蔵が高輪ゲートウェイに集結
レストランには、全国各地の酒蔵を訪れた中田氏が、利き酒師らとともに1本1本味見をして厳選した、今年最高の日本酒159蔵のラインナップが並ぶ。開催期間中、週替わりで毎週約20蔵の酒蔵が入れ替わり、それぞれがおすすめする銘柄を出品。週ごとにテーマが設定されているので、自分好みの銘柄が見つけやすいのもうれしい。開催初週は「東京/東北の週」と題し、東京都内に酒蔵を構える9蔵と、東北で酒造りをする10蔵が登場する。

さらに、会場内には「ヱビスビール」のプレミアムカウンター「YEBISU PREMIUM COUNTER」も設置されており、こちらは開催期間中、常時楽しむことができる。おいしさを実感するために開発された新タンブラーで、より深い“金のコク”を体験してみて。

■最高峰の日本酒に合わせて提供されるこだわりの料理
フードは、予約困難な国内の人気レストラン16店舗が集結し、日本酒に合わせたメニューを展開する。人気シェフ監修のもとに作られたメニューが週替わりで参加し、同レストランでしか食べることができないスペシャルメニューも多数登場。記念すべき初週に登場するレストランは、「ミシュランガイド 2017」で2つ星を獲得した西麻布の隠れ家フランス料理店「L'Effervescence(レフェルヴェソンス)/西麻布」と、極上の出汁が香る絶品おでんと、こだわりの日本酒とのマリアージュが堪能できる日本料理店「件(くだん)/学芸大学」。2週目以降も、中華料理やイタリアン、スペイン料理など、バラエティに富んだこだわりのレストランが出店するので、気になる方はぜひチェックを。

■J-WAVE による最高のエンターテインメントが楽しめる
毎日18時からは、米国アカデミー賞公認の国際短編映画祭「ShortShorts Film Festival &Asia」がセレクトしたさまざまなテイストのショートフィルムが上映。また、平日のランチタイムにはJ-WAVEの番組を会場から生放送。出店しているレストランのシェフや、日本酒の蔵元、ミュージシャン、クリエイターなど、東京の次世代を担う人々をゲストに招き、会場内のステージ上にてラジオの公開生放送を行う。

■万全のコロナウイルス対策
なお、会場では、来場者とスタッフの健康と安全の確保を最優先に、徹底した対策を講じたうえで営業している。新型コロナウイルス感染予防のため、事前予約制による入場制限を設けるほか、会場内設備の消毒、スタッフのマスク着用、ソーシャルディスタンスの確保などの予防対策を徹底。さらに、酒蔵が作った“日本酒アルコール消毒液”が設置されるなど、日本酒を取り扱う同店ならではのユニークな取り組みも。しっかりと対策をしつつ、おいしいお酒と食事を楽しんで。

※新型コロナウイルス(COVID-19)感染症拡大防止にご配慮のうえおでかけください。マスク着用、3密(密閉、密集、密接)回避、ソーシャルディスタンスの確保、咳エチケットの遵守を心がけましょう。