神戸のポートアイランドに建つ高級ホテル、神戸ポートピアホテルで、7月17日(金)より「ルーフガーデンプール”RGP”」と「ポートピアナイトプール”PNP”」がオープン。

新型コロナウイルスの影響で海開きがなく、少し寂しい今年の夏だが、関西圏からアクセスもよく、都会ながらリゾート気分が味わえる神戸ポートピアホテルのプールは、思いっきり夏を満喫できる最適の場所になりそうだ。ホテルの屋外プール初体験のライターが行ってみた。

■気分は雲の上!爽やかな風が吹く開放感溢れるロケーション

屋外プールは昼の「ルーフガーデンプール」と夜の「ポートピアナイトプール」の入替制で実施される。屋外プールは1000平米を超える広さで、見上げれば空は遮るものもなく、都会に程近いのに驚きの開放感!心地よい風も吹き、リラックスできる空間だ。

今年は新型コロナウイルス感染防止のため、通常200名程度の定員を半分の100名程に制限して営業を行う。ロッカールームも密にならないように調整しながら案内するそう。
神戸ポートピアホテルの万庭副支配人によると、毎年8月になると人出が増えるため、利用は7月が穴場なのだとか。


■ナイトプールは雰囲気一変!鮮やかライトアップで豪華に

夜になると一転、プールサイドが鮮やかにライトアップされ、大人のラグジュアリーな雰囲気に。さらに、ナイトプール限定のレンタルフロートも20分500円で借りられる。写真映えすること間違いなしのおしゃれ空間。思いっきりはしゃぎたい!


ナイトプールは18歳以上からだが、毎週木曜日限定(8月13日除く)で18歳未満も利用できる「ファミリーナイト」も実施する。中学生以下は保護者1名の同伴につき2名まで入場可能だ。

■SNS映え確実!プールと合わせて撮りたいフードメニュー

雰囲気抜群なプールサイドで味わうフードメニューとなれば期待は高まるばかり。
ドリンクの人気はフルーツジャー。今年はパイン、ベリーミックス、オレンジに新メニューの爽やかレモンも加わり4種類から選べる。強炭酸にミントの爽やかさが合わさってそれは正に夏の味!

ホテルで焼いた柔らかいローストビーフ丼はわさびの効いたマヨネーズがアクセントになりお箸が進む。人気のオニオンリングタワーはSNS映え確実。写真を撮って自慢しよう!

■プレミアムシートでよりプライベートな空間も楽しめる

プールをじっくり楽しみたいという人はプレミアムシートを利用しよう。追加料金がかかるが、テーブル席とソファー席でゆっくりリラックスした時間を堪能できる。プレミアムシートはホームページから予約できる。

今年は夏のイベントも少なくなっているけれど、夏を楽しむのを諦めず、近い場所で思いっきり楽しもう。ぜひ神戸ポートピアホテルの屋外プールに行ってみてほしい。

取材・文=関西ウォーカー ライター・松原明子