「生クリーム専門店ミルク」や「生タピオカ専門店モッチャム」など、日本初業態を運営するオペレーションファクトリー。7月20日に新ブランドとなる「だし巻揚げサンド専門店 まいてあげる」を、なんばCITYにオープンした。

高級食パン専門店オリジナルの高級だし食パンと、揚げたてのだし巻きたまごによる、"新感覚"のおいしさが楽しめる。

■ブランド名に込められた思い
出汁を効かせた高級食パンと、だし巻たまごを揚げることでうまみを閉じ込めた、新感覚の高級だし巻揚げサンド。

ブランド名には調理工程の「たまごを巻いて×揚げる」と、あなたのために「巻いてあげる」の意味を掛け合わせ、今までにないだし巻揚げサンドを丹精込めて作り上げるというメッセージを込めたそう。

■ここでしか味わえない!だし巻揚げサンドのこだわり
まず食パンは、行列ができる高級食パン専門店「明日が楽しみすぎて」が、だし巻揚げサンドのためだけに開発。

高級料亭で使用される「まぐろ節」をふんだんに練りこんだ、日本初の"高級だし食パン"を使用する。

だし巻きには北海道南地方の「最高級天日干し昆布」と、「まぐろ節」でひいた風味豊かな一番出汁のみを使用。

毎日ひきたての出汁と新鮮な卵を1本ずつ丁寧に揚げて、サンドする。

食べるとじゅわっと出汁を感じる、新感覚の逸品。自分用はもちろん、手土産にしても喜ばれそうだ。