2018年4月21日、突如Twitterに現れた「仔猫を拾ったので」というアカウント。最初の投稿は、道端に倒れ込んでいた瀕死状態の黒猫(以下、ティチャラくん)を保護したというもの。そこから約2年3か月ものあいだ成長記録をほぼ毎日アップし続け、今ではフォロワーは10万人を越える。拾ってきた本人でありアカウント主の「@yukifuri0biyori」さん(以下、飼い主さん)に当時の心境や、猫たちとの日々の暮らしについて聞いてみた。

■へその緒もついたままでぐったり…。根気よく向き合って回復を目指す

ティチャラくんを見つけた日(1日目)、ティチャラくんの体は冷たくなっていたものの足が少し動いたので、ひとまず家に連れて帰って様子を見たそう。飼い主さんはこの状況で、正直もうダメかもしれないと考えていたという。

しかし、なんとか初日の夜を越え3日目に突入。哺乳瓶でうまくミルクを飲むことができず、カテーテルを使って少しずつ給餌。

ときおり、哺乳瓶での哺乳に成功。というのも、ティチャラくんには「ミルポジ」(飼い主さんいわく、ミルクポジションの略)なるものがあるらしく、乳首を嫌がりながらも、ミルポジにハマると一気にゴクゴクと飲むのだとか。

約3週間目で、ついに両目が完全に開眼。パッチリくりくりの目で、すくすく成長している。

それからスタスタといろんなところを動くようになったため、ついに首輪デビュー。嫌がられるだろうと思っていた飼い主さんだが、ティチャラくんは案外気にしていないご様子。というより、つけられていることに気付いていない可能性も…。

その後、特に大きな問題もなく定期的に検診をしながら、順調に大きくなっていくティチャラくん。10万を越えるフォロワーからはたくさんの好意的なコメントも寄せられていて、ティチャラくんはこのストレス社会の癒し役としてひと役かっているようだ。

■黒猫×キジトラの愛らしい姿に悶絶!

実は飼い主さんの家には、ティチャラくんがやってくる前からキジトラの信玄くんが暮らしている。ティチャラくんが来てからは、お互いマイペースなので常にべったりという関係ではなく、気が向いたときにだけ毛繕いをしあったり、体を寄せてお昼寝を楽しむそう。仲睦まじい様子につい笑顔になってしまう。

■飼い主さん一家に新しい家族が誕生。子どもと触れあうかわいすぎる姿も

ティチャラくんを迎えてから約1年後、飼い主さん一家に元気な息子くん(現在1歳)が誕生。息子くんも猫たちと仲良く暮らしている様子で、気まぐれで撫でたり頬ずりしたりと一緒に遊んでいる。一方、キジトラの信玄くんは息子くんと一定の距離を保って過ごしているが、息子くんが猫用のおやつを持った途端、そんなことも忘れて駆け寄っていくのだとか。

■Twitterで成長記録をつぶやきだしたきっかけとは?飼い主さんを直撃!

Twitterにはほとんど登場することのない飼い主さんに、「仔猫を拾ったので」のアカウントについての話を聞いてみた。

「ちょうど猫の成長早見表的なものがほしかったという理由と、当時は黒猫の体調が良くなかったため写真付きで記録を取って行った方が分かりやすいかなと思ってこのツイートを始めました。紙でも記録は付けているんですが、Twitterなら時系列順に並ぶし、写真付きで程よい量の文字数でぴったりかなって」と飼い主さん。

猫を迎え入れてからの記録は、どれも分かりやすく、一緒に成長を見守っている気持ちになる人も多いだろう。

「実は信玄も保護した猫なんです。仕事関係で時々顔をだしていた勤務先で拾われて、どう?と声をかけられたのがきっかけ。そのときはもう1匹拾われた猫がいて、その子は愛嬌もあって人当たりも良かったのでもらい手がすぐ決まりましたが、信玄は当時無表情な猫で片腕が完全に麻痺していたこともあり、この子は今後色々大変だろうしもらい手が付かないかも、と思い悩んだ末、うちに迎えることにしました。今は麻痺もすっかり治って元気に過ごしています。ティチャラを拾った時は、正直、明日の朝までは持たないと思っていました。なんとか乗り越えたけれど、ふやかしフードが食べられるようになって、ワクチンを1回打ったら里親にだそうと思っていて。でも時間が経って、これも何かの縁だと思ってうちに迎えいれました」と語る。

「ちなみに、ティチャラは離乳に時間がかかって、やっとご飯を食べてくれたと思ったら缶詰の高級パウチしか口にしてくれなくて。一生これしか食べなかったらどうしよう…と、猫の食費を計算してため息をついていた時期もありました(笑)」とも。

「仔猫を拾ったので」が支持を集める理由には、飼い主さんの猫に対する向き合い方や豊富な知識、そしてなにより猫たちや息子くんの愛らしい日常写真に癒やされる人が多いのではないだろうか。飼い主さんは、新しく猫を飼い始める人の参考になればという思いもあり、丁寧に分かりやすく、時折ユニークなコメントを付けながら成長の様子を届け続けている。

今後も、2匹と1人の愛らしい関係性を見守って行きたい。

取材・文/鳥本明衣(glass)