「ポッター平井の激推しアイドル!」第227回は、8月19日(水)に発売されるNMB48のニューシングル『だってだってだって』のWセンターを務める次世代エース、梅山恋和と山本彩加が登場!表題曲の聴きどころはもちろん、その歌詞にちなんだテーマトークや、誕生日を目前に控えた心境など、様々な角度から“梅山本”の素顔に迫ります。(7月24日・NMB48劇場にて)

■もうすぐ誕生日を迎える“梅山本”の2人

――まずは自己紹介をお願いします!

梅山「ココナこと、梅山恋和です!」
山本「あーやんこと、山本彩加です!」

――ファンの皆さんの間では“梅山本”と呼ばれているおふたりですが、誕生日が1日違いですよね。ココナちゃんは8月7日で17歳になりますが、今の心境はいかがですか?

梅山「あっという間に16歳の1年が終わってしまうなぁっていうのと、まだ16歳でいたいなぁって思います(笑)」

――それはどうして?

梅山「17歳になってしまうと、結構もう大人というか、半分上みたいな…」
山本「半分上って、どういうこと?(笑)」
梅山「10代の後半になってきたけど、16歳ってまだギリギリ下の方なので…」
山本「いや、しっかり後半です(笑)」
梅山「16歳は、まだ16歳っていう感じで、17歳は、もう17歳かって思うんです」

――ココナちゃんにとってはそういう感覚なんですね。世間的には「華のセブンティーン」と呼ばれる年頃ですが。

梅山「それはずっとなりたかったのでうれしいです」

――複雑な心境が垣間見えますが(笑)、あーやんは8月6日で18歳になります。

山本「17歳は、挑戦したかったことにたくさん挑戦できたと思うんですけど、やり残したことがあって、AKB48さんの『Seventeen』とか、『渚のCHERRY』を17歳のうちに歌いたかったなという思いがあります。18歳はまた新しい目標を達成できるように頑張りたいなと思います」

■関西ウォーカー誌面連載「ココナWalker」でコラボ企画をするなら?

――ココナちゃんは、関西ウォーカーの誌面で「ココナWalker」を連載中ですが、もし、あーやんとコラボするとしたら、どんな企画をしたいですか?

梅山「お互いの髪の毛をセットし合いたいです。相手が思う雰囲気とか、こういうヘアスタイルをやってほしいなとか、それぞれあると思うので」

――では、ココナちゃんは、あーやんにどんなヘアスタイルをしてほしいですか?

梅山「2個のお団子とか、今まであまり見たことのないあーやんを見たいです」

――確かに、あーやんのお団子ヘアはあまり見ないですね。逆に、あーやんは、ココナちゃんにどんなヘアスタイルをしてほしいですか?

山本「どれもかわいいからなぁ。そうですね〜。…むずっ!(笑)」
梅山「(笑)」
山本「私もやっぱり違う雰囲気のココナを見たいから、ウェーブみたいな、ワッフル巻きをやりたいです」

――その企画が実現するかもしれませんので、お楽しみに!更に誌面に加えて、こちらのWEBでも新連載「梅山恋和が“かわいい”の限界に挑戦!ココナWalker WEB」が始まります。テーマはコスプレ!そのスタート記念インタビューでココナちゃんは、挑戦したいコスプレとして、「巫女さん」「パンツスーツにメガネ」「作業着みたいなつなぎ」と答えていましたが、あーやんはココナちゃんにどんなコスプレをしてほしいですか?

山本「幼稚園児とか」
梅山「(笑)」
山本「ハロウィンになったら、メイクにもこだわって、いろいろやってほしいなと思います。ギャルとか」

――ココナちゃん、幼稚園児とか、ギャルのコスプレはいかがですか?

梅山「2つともやりたいです!」
山本「やった!採用!」
梅山「幼稚園児とか、やったことがないので、やってみたいなと思います」

■『だってだってだって』の歌詞にちなんだテーマトーク

――新曲『だってだってだって』のサビの部分に登場する「だって」「なんで」「もっと」という歌詞にちなんだトークテーマが箱の中に4つ入っています。それを順番に引いていただいて、トークしたいと思います。ココナちゃんから。

梅山「<だってしょうがないでしょ?>」

――これはアカンと思いながら、ついついやってしまうこととか…

梅山「私は、食べすぎちゃうことです。夜は控えないとダメじゃないですか、アイドルなので(笑)。でも、成長期なので、ついついピーナッツとかを食べすぎちゃって、ダメだなって思うんですけど、やっぱり我慢できないです」

――大好きなお餅じゃなくてピーナッツ?

梅山「お餅は1週間に1回しか食べないルールを作ったので、それ以上は食べないようにしています」

――そんなマイルールがあったんですね。何時以降は食べないとかは決めていますか?

梅山「前は6時とか7時以降は食べないようにしていたんですけど、三日坊主ぐらいで終わりました(笑)」
山本「はやっ!(笑)」

――成長期なので、「だってしょうがないでしょ?」ですね。あーやんは?

山本「私は、映画を寝る時間を惜しんででも見ちゃうことです。いつも寝る準備をしてから映画を見始めてしまうので、気付いたら深夜3時とかです(笑)」

――映画じゃないですけど、韓国ドラマの『愛の不時着』を見始めたそうですが…。

山本「先にダウンロードして、いつでも見れるようにしたので、移動中とかずっと見てます。でも16話しかないので、すぐに見終わると思います」

――続いて、あーやん、テーマを引いて下さい。

山本「<だって夏だもん>」

――最近こんな夏らしいことをしました!というエピソードをお願いします。

山本「流しそうめんです。流しそうめんの機械を買って、家族みんなでやりました。その機械をお父さんが楽しそうに作ってました」

――自宅で流しそうめんができる機械、スライダー型があったり、流行っているみたいですね。ちなみに山本家では、そうめんにはどんな具を?

山本「卵とキュウリとハムと…具は割とシンプルだと思います。味を濃くしたい時は、キムチを入れたりします」

――薬味はショウガ派?ワサビ派?

山本「ショウガです。黄色いチューブです(笑)」

――ココナちゃんの<だって夏だもん>は?

梅山「汗が止まらない!です。半身浴をしたり、辛いものを食べて、汗をかくことにハマっています」

――辛いものというのは、例えば?

梅山「ホルモンに唐辛子みたいな粉をいっぱいかけて、焼いて食べました。健康のために、あえて冷房もつけずに汗をかいて、その後すぐお風呂に入りました」

――では3つ目のトークテーマを、ココナちゃん、引いて下さい。

梅山「<なんでココナ、あーやんは○○なの?>」

――ココナはあーやんに、あーやんはココナに対して疑問に思っていることを教えて下さい。

梅山「あーやんは、なんでいつも返信が早いの!?です」

山本「LINEやメールが来ると、ケータイのホーム画面に1とか2とか付くじゃないですか。あれがあんまり好きじゃなくて…」

梅山「えーっ!?」

山本「基本、パパパッとコミュニケーションを取った方が早く決まったり、いろんな話を出来たりするので、すぐに返信しようっていう感じです」

――ココナちゃん、あーやんからの返信は秒で返ってくる?

梅山「そうですね。送った瞬間みたいな(笑)」

山本「(笑)。ケータイで他のことをしていても、ピコーンって通知が来たら、すぐに開くので、早いと思います」

――そして、あーやんの<なんでココナは○○なの?>は?

山本「私はその逆なんですけど、ココナは、なんでいつも返信が遅いの?たまに無視してくるんです(笑)」

梅山「(笑)。ホンマに申し訳ない」
山本「絶対思ってないやろ(笑)」

梅山「その場合は、考えてから後で返信しようと思って、忘れてしまうんです。本当にダメだなぁと思います」
山本「(笑)」

――どのくらい放置されたりしますか?

山本「LAPIS ARCH(梅山恋和・上西怜・山本彩加のユニット)のグループLINEがあるんですけど、私がいろいろ、新しい企画として、こういうことしぃひん?とか、質問形式で聞くんですけど、返事が返って来ないまま、3ヶ月ぐらい経ちました(笑)」

梅山「そんなに経ったっけ?」
山本「たぶん(笑)」
梅山「2人とも…」

山本「そう!2人ともそうなんですよ。れーちゃんも考えることになったら返事が遅いです(笑)。だから、その対策を考えて、何月何日の何時までに送って下さいって、締切を決めて管理しています(笑)」

――では、あーやん、ラストの1枚を引いて下さい。

山本「<もっと仲良くなりたいメンバー>」

――NMB48のメンバーで、先輩後輩問わず、もっとお話ししてみたいなと思うメンバーを教えて下さい。今、この控室の壁に、メンバーの公式プロフィールの写真が貼ってあるんですけど、2人はそれを見ながら真剣に考えています。

山本「めっちゃ悩みますよ。みんなともっと仲良くなりたい」
梅山「うん」

山本「山本望叶ちゃん!みかにゃんが配信とかでうれしい言葉を言ってくれているので、もっと仲良くなりたいです」

――みかにゃんからのラブコールで、5月にインスタライブでコラボしていましたね。

山本「2人とも同じぐらいのテンションで話しやすいんです」

――ココナちゃんは?

梅山「アカリン(吉田朱里)さんです。ずっとお出かけしようとか言って下さっていて、ごはんも行きたいなぁって思っているんですけど、まだ1回も実現していないので、もっとお話しして、いろんなことを聞けたらいいなと思います」

――アカリンに焼肉を御馳走してもらいましょう(笑)。

■10周年イヤーの素敵な思い出を作っていきたい

――8月19日にニューシングル『だってだってだって』が発売されます!もともと5月13日に発売予定でしたが、新型コロナウイルスの影響で発売延期になっていました。おふたりがWセンターを務めますが、選ばれた心境を聞かせて下さい。

梅山「ずっと目標にしていたので、あーやんとWセンターに選んでいただけたことが、すごくうれしくて、安心もしました」

山本「私もアイドルとしての目標をシングルのセンターと掲げてきたので、本当にうれしいですし、“梅山本”としてライバル関係であったり、私たち2人のことを好きって言って下さる方もすごく多いので、ココナとWセンターという形で一緒にできて、うれしいです」

――『だってだってだって』の聴きどころは?

梅山「恋する女子高生が、大好きな男の子にその想いを伝えたいけど伝えられない、もどかしい気持ちだったり、素直に言えない感情とかがあって、共感できる歌詞がたくさんあると思うので、ぜひ聴いていただけたらと思います」

山本「この曲は、爽やかなアイドルソングになっていて、今のNMB48にぴったりな曲だと思うので、新しいNMB48の形をお見せできるかなと思います」

――MVの見どころは?

梅山「メンバーの先輩、後輩の関係性だったり、私たち2人のライバル関係が見れると思うので、そこに注目してほしいです」

――ドラマ仕立てのMVですが、ココナちゃんが演じる上で心掛けたことは?

梅山「せつない表情を心掛けたり、泣くシーンもあったので、頑張りました」

――あーやんはいかがですか?

山本「MVは、メンバーの普段見れない表情だったり、私たちは学生役なんですけど、スタッフ役をやっているメンバーの姿も新鮮かなと思います。個人的には、1サビのところで、私が涙を流しているシーンがあって、もともとは泣く設定ではなかったんですけど、歌詞の意味を考えながら演じていると、感極まって本当に涙が流れてきたので、そこはぜひ見てほしいです」

――ファンの皆さんの前で披露することが難しい状況ですが、Wセンターのおふたりは特に披露したい気持ちが強いと思います。

梅山「早くファンの皆さんの前で披露できたらいいなって思いますし、歌番組とかにも出て、この曲をもっと広められたらいいなと思います」

山本「ファンの皆さんの前で披露したいという思いはもちろんあるんですけど、他の形で、いろんな方法で、この曲を知っていただけるように、今しかできないことをやりたいと思います」

――カップリング曲として、それぞれのチーム曲も収録されています。おふたりが所属するチームBⅡは『Be happy』(Type Cに収録)。どんな曲ですか?

梅山「今までにない感じの曲調で、盛り上がる曲だと思うので、早くライブで披露したいなと思います」

――LAPIS ARCHとして歌っている『好きになってごめんなさい』(Type Dに収録)の聴きどころは?

山本「CHAO(吉本坂46の派生ユニット)さんのカバー曲なんですけど、私たちはキーを上げて、アイドルらしく歌わせていただいているので、聴いた印象も違うんじゃないかなと思います。MVも私の歯磨きのシーンから始まったり、ココナはケーキ作りをしていたり、かわいらしいシーンもたくさんあるので、楽しみにしていただけたらと思います」

――「だってフィーリングカップル」という特典映像(Type Cに収録)の企画に、ココナちゃんもあーやんも参加しています。見どころは?

梅山「メンバー同士の思いがすごく出ていて、珍しい組み合わせのカップルが成立したりもして、ちゃんとオチもあっておもしろいので、じっくり見てもらえたらと思います」

山本「メンバー内でカップルを作ろうという企画なんですけど、映像の中では、このメンバーと一緒にいたのに、実はそっちだったの!?とか、意外な展開もあって、すごくおもしろかったので、ぜひ笑顔になっていただけたらと思います」

――最後に、読者の皆さんにメッセージをお願いします!

梅山「これからもっともっと進化し続けるNMB48を見せられるように頑張っていきますので、皆さんも一緒について来ていただけるとうれしいです。よろしくお願いします!」

山本「NMB48だからこそできることを、これからもどんどん発信していきたいと思いますし、皆さんと一緒に10周年イヤーの素敵な思い出を作っていきたいです。これからもいろいろあると思いますので、楽しみに待っていてください!」

【取材・文・写真=ポッター平井】

<ポッター平井・プロフィール>
構成作家・ライター。MBSラジオ『NMB48のTEPPENラジオ』などを担当。松田聖子さんの“輝き”に魅せられて以来、30年以上アイドルを応援し続けるアイドル・サポーター。