伊藤若冲や葛飾北斎、俵屋宗達など日本を代表する画匠の作品を、樹脂を用いた本物そっくりのクリームやキャンディー、フルーツといったスイーツデコで表現する渡辺おさむの展覧会「渡辺おさむ展 花鳥風月」が10月14日(水)から大丸東京店にて開催される。

渡辺おさむは絵画や彫刻などの芸術品をはじめ、さまざまなものにお菓子のデコレーションを施す現代美術作家。その技術をアートに昇華させた第一人者として作品は国内外から注目を集め、多くのメディアに取り上げられている。さらに、中国、インドネシア、イタリア、ベルギー、トルコ、アメリカ、韓国など世界各国で個展を開催。作品集や著書も出版され、大原美術館や清須市はるひ美術館など国内5カ所の美術館に作品がコレクションされている。

本展では若冲の代表作「鳥獣花木図屏風」をスイーツデコで表現した3メートル超えの大作が初公開されるほか、虎の模様や表情を色とりどりのクリームで緻密に描いた「虎図」や、赤富士のグラデーションをキャンディー、チョコレートで見事に再現した葛飾北斎の「凱風快晴」、曽我蕭白の「雲龍図」など、世間に広く知られる作品の数々に独自の技法を施した約40点を一堂に展示。写実的な日本画にスイーツのかわいらしく華やかな雰囲気を織り交ぜた、新しい形のアートを体感できる。また、開催にあたり渡辺氏は次のコメントを寄せている。

■渡辺おさむ氏コメント
「今回は今年東京での初の個展となります。コロナ禍でさまざまな展覧会が中止になる中、作家にできることはひたすら作品を制作することだと思い、伊藤若冲の3メートルを超える作品の制作に4月より取り掛かり、今回やっと皆さまにお披露目できることとなりました。すべての生き物が、生きる喜びに満ち溢れたイメージをスイーツのデコレーションによって表現できたと思っております。この感染症が収束を迎える時は、すべての芸術が真の力を発揮し、生きる喜びと感動を人々の心深くに届けるものと信じております。作品を楽しみにお待ちいただいている皆さま、美術を愛する多くの方々とともにこの困難を乗り越えてまいりたいと思います。すべての皆さまが心と身体の健康に留意されお過ごしになられますようお祈りいたします」

「渡辺おさむ展 花鳥風月」は10月14日(水)から20日(火)の7日間限りの開催。入場料無料で楽しめるので、気になる人は公式サイトを要チェック。日本画とスイーツデコの融合が繰り広げる、ほかにはない世界観の展覧会をこの機会に堪能しよう!

※新型コロナウイルス(COVID-19)感染症拡大防止にご配慮のうえおでかけください。マスク着用、3密(密閉、密集、密接)回避、ソーシャルディスタンスの確保、咳エチケットの遵守を心がけましょう。