愛媛県松山市にある愛媛県美術館で、イラストレーターの草分け的存在・真鍋博(1932年−2000年)の没後20年の節目に大規模な回顧展「没後20年 真鍋博2020」を11月29日(日)まで開催している。

1932年、愛媛県宇摩郡別子山村(現・新居浜市)に生まれた真鍋博は、多摩美術大学油画科卒業後、抽象的で洗練された画風で小説の挿絵や装丁を手掛けるなど、イラストレーションの世界を舞台に様々な作品を世に送りだした。

本展では、大学在籍中に制作した油彩画から、星新一や筒井康隆などの装丁の原画にいたるまで、約800点を展示。1964年の東京オリンピックや1970年の大阪万博など、日本の高度経済成長と共鳴しながら新たなデザインを切り開いていった画業を、生誕の地で振り返る。

関連プログラムとして、10月31日(土)に筒井康隆氏のスペシャルトーク、11月3日(祝)に真鍋家(真鍋麗子氏、真鍋真氏、真鍋由氏)トークショーなどが実施される。※すべて事前予約制、定員あり

稀代のイラストレーターが未来に向けて発信した作品を観賞しに「没後20年 真鍋博2020」に出かけよう。

※新型コロナウイルス(COVID-19)感染症拡大防止にご配慮のうえおでかけください。マスク着用、3密(密閉、密集、密接)回避、ソーシャルディスタンスの確保、咳エチケットの遵守を心がけましょう。