10月も半ばを迎え、まもなくやってくる紅葉の季節。「Go To トラベル」なども推進されており、京都など人気の紅葉スポットに旅行したいという人も多いはずだ。しかし、特に関東圏に住む人には、まだ遠方への旅行は控えたい気持ちもあるだろう。そこでおすすめしたいのが、自分の住まいの近隣のホテルに滞在する「ステイケーション」で紅葉を楽しむこと。大手総合旅行ブランド・エクスペディアが紹介する、美しい紅葉が望める都内のホテルをお届けしよう。

■コロナ禍で脚光を浴びる新スタイル「ステイケーション」
「ステイケーション」とは、自宅近郊の宿泊施設に滞在(ステイ)して、気軽にバケーションを楽しむこと。移動に伴う感染リスクを減らせるほか、交通費を抑えることでいつもよりワンランク上の宿に泊まれることから、ウィズコロナ時代にマッチした旅行スタイルとして、最近話題を集めている。

■【赤坂見附】ホテルニューオータニ(東京)でラグジュアリーな休日を
ホテルニューオータニ(東京)は、東京都千代田区紀尾井町にあるラグジュアリーホテル。世界有数のトラベルガイド「フォーブス・トラベルガイド」2021年度格付け評価ホテル部門において、「エグゼクティブハウス 禅」が最高評価の5つ星、そして今回取り上げたい「ザ・メイン」が4つ星を獲得したことで、日本初の9つ星ホテルとなった。

400年の歴史と1万坪の広さを誇る、ホテルニューオータニ(東京)の日本庭園では、モミジやカエデなどがカラフルに色付く姿を楽しむことができる。庭園内を散策するのはもちろんのこと、レストランや客室から紅葉を楽しむのもおすすめ。また、夜には幻想的な雰囲気の中、美しくライトアップされる紅葉の様子を鑑賞できる。

客室の消毒清掃や、エレベーターパネル、カウンターなどの手の触れやすい場所の定期的な清掃・除菌、客室棟の定期的な換気、スタッフの手洗い・うがいや検温の実施など、新型コロナウイルス感染拡大防止の取り組みも充実している。


■【目黒】ホテル雅叙園東京で“日本の美”に触れる
60室という限定された客室でありながら、「和敬清心」をコンセプトに、侘び寂びに代表される精神性で、落ち着いた空間を提供するホテル雅叙園東京。Small Luxury Hotels of the World(SLH)という、高級かつ小規模なホテルだけで構成されたホテルグループにも加盟している、唯一無二のミュージアムホテルだ。

館内は約2500点もの日本画や美術工芸品に彩られ、都指定有形文化財である「百段階段」など、“日本の美”が詰まっている。全60室の客室は、すべてが80平方メートル以上のスイートルームで、スチームサウナとジェットバスを完備。春には目黒川の桜、秋には紅葉が楽しめる。 

紅葉は、1階の庭園にある滝近辺でも見られるほか、宿泊者限定で館内のアートスポットを巡る「雅叙園アートツアー」でも紅葉を描いた作品に出会えるという、まさに紅葉尽くしのホテルだ。

新型コロナウイルス感染予防対策としては、手の触れる場所の定期的な清掃・除菌、アルコール消毒液の設置、ソーシャルディスタンスの確保を考慮した案内、スタッフのマスクや検温の徹底などが行われている。

※紅葉の見頃は変動するため、希望日に紅葉が見られない場合があります
※客室では、一部の部屋から紅葉を見ることができます

■【丸の内】パレスホテル東京ですがすがしい朝時間
パレスホテル東京は、半数以上の客室に、都心では珍しいバルコニーがついているのが特徴。大きくゆとりのある客室と、丸の内の豊かな緑に囲まれ、日頃の疲れを忘れることができる。レストランでは、昼はテラス席で水と緑を、夜は丸の内の洗練された夜景を楽しめるのもポイント。

また、秋になると木々が赤や黄に美しく色づき、ホテルからはパノラマの紅葉の景色が楽しめそう。客室のバルコニーから、心地よい風を感じながら紅葉を愛で、心も身体もリフレッシュしよう。

パレスホテル東京でも、消毒清掃を含む衛生強化や消毒液の設置、スタッフの検温やマスク着用の徹底など、しっかりとした新型コロナウイルス感染拡大対策が取られている。



また現在は、政府主導のもと「Go To トラベル」が実施中。旅行代金のうち最大35%分の金額と、最大15%分の地域共通クーポンが支援される(1泊あたり2万円、日帰りの場合は1万円が給付上限)。この割引は、実は宿泊費だけでなく交通費にも適用されるもの。エクスペディアでも、「宿泊単体」の割引が行われるのはもちろん、「航空券+宿泊」の予約では宿泊代が最大全額OFFになる。制度を使いこなして、お得な旅を楽しもう。

ほかにも、エクスペディアでは、ステイケーションが楽しめるさまざまな宿泊施設が紹介されている。気軽に近隣の宿泊施設を調べて、小さな非日常を体験してみてはいかがだろうか。

※新型コロナウイルス(COVID−19)感染症拡大防止にご配慮のうえおでかけください。マスク着用、3密(密閉、密集、密接)回避、ソーシャルディスタンスの確保、咳エチケットの遵守を心がけましょう。