高知県高知市にある高知県立坂本龍馬記念館で、「龍馬の知恵袋・福井藩」展が前期は2月14日(日)まで、後期は2月18日(木)から4月4日(日)まで開催中。

幕末の福井藩は、16代藩主松平春嶽(まつだいらしゅんがく)を筆頭に有能な人材を多数輩出した重要な藩の一つ。その春嶽と15代土佐藩主山内容堂(やまうちようどう)は深い交流があった。

同じ土佐藩の坂本龍馬にとっても福井藩は知恵袋的な存在であり、財政手腕に優れた三岡八郎(のちの由利公正(ゆりきみまさ))や政治顧問として招かれていた横井小楠(よこいしょうなん)らとの交流が、のちの龍馬の国家構想に大きな影響を与えた。

本展では、前期は生涯の友として交流を深めた容堂と春嶽を中心に、それぞれの藩の家臣団を紹介すると共に、藩の政策や幕府政治への関わりを紹介。後期は大政奉還に向けた龍馬と福井藩の関係や、維新後に龍馬の願い通り新政府へ出仕し新国家の財政に采配をふるった三岡八郎の活躍などを紹介する。

幕末における福井藩の重要性と龍馬に与えた影響について迫る「龍馬の知恵袋・福井藩」展に出かけよう。

■新型コロナウイルス感染拡大予防対策
【屋内・屋外区分】
屋内
【スタッフ対策】
手洗い・うがい・手指消毒/マスク・フェイスシールド着用/定期検温・体調管理の徹底/距離を意識した接客
【施設・会場内の対策】
窓口等に飛沫防止パーティション設置/定期的な換気/共有部分の定期的な消毒/消毒液設置
【来館者へのお願い】
三密回避/体調不良時・濃厚接触者の来館自粛/咳エチケット/入館時の手指消毒・検温/マスク着用/混雑時の入場制限

※取材時点の情報です。新型コロナウイルス感染拡大予防対策・その他の最新情報は、公式サイト等でご確認ください。

※新型コロナウイルス(COVID-19)感染症拡大防止にご配慮のうえおでかけください。マスク着用、3密(密閉、密集、密接)回避、ソーシャルディスタンスの確保、咳エチケットの遵守を心がけましょう。