ボイメン研究生が新ユニット名「祭nine.」でメジャーデビュー!!

ボイメン研究生が新ユニット名「祭nine.」でメジャーデビュー!!

2017年3月20日(祝)、名古屋市中区の名古屋テレビ塔下特設ステージで、東海エリア発のエンターテインメント集団「BOYS AND MEN」の弟分、「BOYS AND MEN 研究生」(略称、ボイメン研究生)の無料ライブが開催された。約3か月ぶりに行われた今回のテレビ塔下ライブには、“新ユニット名と選抜メンバー”が発表されることもあり約500名のファンが駆けつけた。

同ライブは彼らのデビュー曲である「Boys Be Brave 〜1万回の勇気〜」よりスタートし、2曲目には「ボクたちのONE」が披露、その後、ボイメン研究生の自己紹介を挟み、3曲目の「ウィシュハピ〜I wish you happiness.〜」、4曲目の「そいじゃッレベルUP↑」を歌い、会場を盛り上げた。

■ ボイメン研究生・選抜メンバーによる新ユニットは「祭nine.」!

4曲目終了後、CBCテレビの永岡歩アナウンサーが学ラン姿でステージに登場し、ボイメン研究生が所属するフォーチュンエンターティンメントの谷口社長によって、選抜メンバーによる新ユニット名「祭nine.(マツリナイン)」であることと共に、ユニットに所属する選抜メンバーが谷口社長より発表された。

会場のファンが見守るなか、まず「寺坂頼我」「野々田奏」「清水天規」の3人の名前に続き、少し間をおいてから「神田陸人」「横山統威」「浦上拓也」と読み上げられた。そして最後の一人に「高崎寿希也」の名前が読み上げられ、計7人が「祭nine.」としてスタートすることが発表された。併せて、2017年4月よりアニメ「デュエル・マスターズ」(テレビ東京)のエンディングテーマとして、「祭nine.」の曲が起用されることも発表。

「祭nine.」となった寺坂頼我は、メンバーを代表して、「応援している皆さんありがとうございます。みんなの心の中にはメンバーに対していろんな思いがあると思います。僕らも一緒の気持ちで色々あるけど、選ばれた7名は研究生の先頭になって引っ張っていき、研究生を底上げしていきたいという強い気持ちを持っています。研究生の13人は夢に対しての思いは消えないと思うので、みんなで突き進んでいきたい。祭nine.はメジャーデビューするので、そこで全国の人に知ってもらって、このメンバーで一生懸命有名になるため頑張ります。目の前にある事を全力で頑張るのでよろしくお願いします。」と会場にいるファンへ決意と想いを語った。

一方、引き続きボイメン研究生として活動する中原聡太は、「この7名がボイメン研究生代表として頑張ってもらって、ボイメンやボイメン研究生を広めていってほしい。ここからが新たなスタートとなります!今回選ばれた選抜メンバー以上に研究生は頑張るし、選抜メンバーも僕らに負けない位活躍してほしい。僕たちの思いを背負ってみんなで向かっていきたい。ボイメン研究生の名を轟かせていってほしい。」と、「祭nine.」のメンバーにエールを送った。

■ さらに、CBC永岡歩アナウンサーからメンバーへ3つの発表が!!

新ユニット「祭nine.」の発表後、永岡歩アナウンサーよりさらなる3つの重大発表が行われた。1つ目は、永岡アナウンサー自身がパーソナリティを務めるラジオ番組「ナガオカ×スクランブル」(CBCラジオ 毎週火曜〜金曜 22:00〜)の番組内に「祭nine」のコーナーを作ること、2つ目は、4月2日(日)に名古屋市中区のアートピアホールで行われる「ナガオカ×スクランブル THE LIVE 2017」に、ボイメン研究生の出演が決定したこと。(出演メンバーは未定)。3つ目の発表は、5月4日(水)に名古屋市芸術創造センター(名古屋市東区)で行われる、ボイメン研究生によるミュージカル「ホワイト☆タイツ」に、永岡歩アナウンサーが“出たい!”という直訴だった。3つ目の発表については、今後どうなるかは不明だが、「祭nine.」をはじめボイメン研究生たちの、活躍の場が新たに広がりそうだ。

ラストには、BOYS AND MEN設立時より歌われるナンバー「Chance For Change」を、バク転などを披露しライブは終了。「祭nine.」としてスタートし、初代BOYS AND MENと同様に活躍の幅を広げるボイメン研究生。東海エリアのエンターテインメントをけん引する彼らの活躍に期待したい!!【東海ウォーカー/淺野倫孝】

ニュースをもっと見る

関連記事

おすすめ情報

Walkerplusの他の記事もみる

東海/北陸の主要なニュース

05時00分更新

愛知のニュースランキング

ランキングの続きを見る

東京の新着ニュース

東京のニュースをもっと見る

地域のニュースを見る

地域を選択してください

戻る都道府県を選択してください

記事検索