海鮮以外ならココ! 知床の隠れ名物の”アレ”がうまい店

海鮮以外ならココ! 知床の隠れ名物の”アレ”がうまい店

知床の名物グルメといえばやっぱり代表的なのは海産物でしょうか。でもそれ以外にも知床にも隠れた名物があるんです。今回はこの味を知床に名物として定着させたお店と、その名物を使ったメニューをご紹介します。

こちら「ボンズホーム」は今年で30周年を迎える、民宿も経営する洋食レストラン。カレーやグラタンなどの親しみやすい洋食や、手作りのスイーツが楽しめる地元の人気店です。この店のメニューの注目素材はジャガイモです。そう、知床の隠れた名物とは、地元産のジャガイモだったんですね。

「知床栗じゃが芋」はこのお店のオリジナルジャガイモ。北海道知床産の化学農薬・化学肥料原則無使用で育てたメークインで、秋に収穫したメークインを低温貯蔵し、越冬・熟成させてさらに甘みを引き出したジャガイモのことです。オリジナルというのは、このメークインを寝かせて甘味を引き出したおイモをほかの越冬ジャガイモと区別するために最初に名付けたから。つまり今ではよく聞く栗ジャガイモの元祖なんですね。

「よくばりグラタン」970円は、知床栗じゃが芋に特製ホワイトソースとチーズをたっぷり乗せて焼き上げた同店の人気No.1メニュー。焼けたチーズとベーコンの塩気が甘味たっぷりのジャガイモと見事に調和しています。チーズはジャガイモの味を活かすため、優しい酸味がありクセのないマリボーチーズを使っています。

「栗じゃが芋のプリン」480円も栗じゃが芋の特徴を見事に活かしたスイーツ。カスタードに裏ごししたジャガイモを加えることで、ジャガイモの甘さで砂糖を控えることができ、自然な甘味を楽しむことができるんです。もちろん食感もしっかりとした食べ応えでお腹も大満足。

お店のご主人は「味がないと思われているジャガイモにもこんなに味があるんだということを知ってもらいたい」と、農家と直接契約してジャガイモの地方発送も行っています。その年の天候や収穫量によっては内容が変わったり早期に売り切れることもありますが、「知床のおいしいジャガイモがおうちでも食べたい」という人は連絡してみては。

ボンズホーム ■住所:斜里町ウトロ東217 ■電話:0152・24・2271 ■時間:11:30〜15:30 ■休み:不定休、7〜9月はなし ■席数:23席(禁煙)

【北海道ウォーカー編集部】

関連記事

おすすめ情報

Walkerplusの他の記事もみる

北海道/東北の主要なニュース

北海道のニュースランキング

ランキングの続きを見る

地域の新着ニュース

新着ニュース一覧へ

人気記事ランキング

ランキングの続きを見る

東京の新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

地域のニュースを見る

地域を選択してください

戻る都道府県を選択してください

記事検索