新感覚アート!紙を“彫る”繊細な立体作品「彫紙アート展」開催

新感覚アート!紙を“彫る”繊細な立体作品「彫紙アート展」開催

日本彫紙アート協会が9月6日(水)から9月10日(日)までの5日間に東京のMeguro Museum of Art,Tokyo 区民ギャラリーにて「全国彫紙アート展2017」を開催する。

「彫紙アート」はテレビ、雑誌など数々のメディアでも紹介されている日本発信の新しいアート。紙を幾重にも重ねてアートナイフで“彫り”、独特の配色による色彩の美しい立体的な作品を作る。豊富な色数と様々な紙の質感を組み合わせることで生まれる、切り絵とは違った“奥行き”が彫紙アートの魅力である。

「全国彫紙アート展2017」では、全国の彫紙アーティスト約80人の作品を展示する。彫紙アートの実物を見た人は、その「繊細さ」「紙の色彩の美しさ」「立体感」など、今までに見たことのないユニークな技法で作られた彫紙アート作品に驚く。同展覧会は2007年に第1回がスタートし、今年で10回目を迎える。

「彫紙アート」は日本全国で人気が急上昇、海外からも注目されているアート。「全国彫紙アート展2017」に足を運んで、その魅力を直接感じてみてはいかが?【ウォーカープラス編集部/高橋千広】

関連記事

おすすめ情報

Walkerplusの他の記事もみる

関東甲信越の主要なニュース

東京 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

地域 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

地域のニュースを見る

地域を選択してください

戻る都道府県を選択してください

記事検索