コスパ最強、都道府県魅力度の低い北関東にフォーカスを当てた居酒屋が面白い!

コスパ最強、都道府県魅力度の低い北関東にフォーカスを当てた居酒屋が面白い!

2017年7月26日(水)にオープンしたばかりの都市型コンパクト商業施設「FUNDES(ファンデス)上野」に現在、飛ぶ鳥を落とす勢いで出店を続ける話題の「晩杯屋」の新業態店舗「大衆酒場晩杯屋 北関東ふるさと編」がオープンした。

「大衆酒場晩杯屋 北関東ふるさと編」は、都道府県魅力度ランキングの低い北関東(群馬・栃木・茨城)にフォーカスを当て、ご当地のメニューを100円台〜の低価格で提供するコスパ最強居酒屋である。店内は、分煙スペースも設置。また、電子タバコは店内で喫煙可能である。従来の立ち飲みスタイルの「晩杯屋」とは異なり、8人テーブル、6人テーブル、4人テーブル、カウンターと全席着席で、広々とした店内だ。

食べ物は、「晩杯屋」の定番メニューに加え、北関東料理メニューを用意。北関東(群馬・栃木・茨城)に分かれたメニュー欄から簡単にご当地料理を選ぶことができる。

群馬は、こんにゃく刺身やソースカツ、栃木はいもフライ、茨城はしょぼろ納豆など郷土色の強い料理が格安の130円台から楽しめる。

栃木の「とちおとめサワー」、群馬の日本酒「赤城山」などドリンクも北関東をPRするラインナップだ。茨城の北関東横断ジョッキ1L「大洗海岸」はインパクトもボリュームも大である。

また、県ごとの人気争奪戦と名付けられたご当地ビールや栃木・群馬・茨城の国産牛ランプステーキがそれぞれどれだけ売れたか競う3県対決などの面白い仕掛けがある。料理を通じて、各県の魅力を体感できるのだ。

現在、コスパ最強の居酒屋として大人気の「晩杯屋」。「晩杯屋」の客単価は全店を通して1300円〜1500円という。その価格帯だからこそ、デイリーユースの店として気軽に通うことができる。ただ安いだけでなく、値段を裏切るクオリティを追求し、料理のほとんどは即製品を使わず手づくりにこだわっている。また、一皿の料理のボリュームを1.5人前に設定しており、お得感も演出している。新業態店舗「大衆酒場晩杯屋 北関東ふるさと編」でコスパと北関東の魅力を体験してみてはいかがだろうか。【ウォーカープラス編集部/しおグル】

関連記事

おすすめ情報

Walkerplusの他の記事もみる

関東甲信越の主要なニュース

東京のニュースランキング

ランキングの続きを見る

地域の新着ニュース

新着ニュース一覧へ

人気記事ランキング

ランキングの続きを見る

東京の新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

地域のニュースを見る

地域を選択してください

戻る都道府県を選択してください

記事検索