パネルに恋した東武動物公園のペンギン「グレープ」君、亡くなる

パネルに恋した東武動物公園のペンギン「グレープ」君、亡くなる

東武動物公園で暮らしていたフンボルトペンギンの「グレープ」が、2017年10月12日(木)、亡くなった。

2006年に羽村市動物園から引っ越してきたグレープ。2017年の「けものフレンズ」コラボイベントで、フンボルトペンギンの女の子「フルル」のパネルがペンギン舎に設置されると、近くでフルルのことをじっと見つめ続ける姿が大きな話題を呼んだ。コラボ終了後もグレープのためにフルルのパネルだけは展示を続けており、その変わらぬ愛らしい姿が多くの来園者を楽しませた。

東武動物公園の公式Twitterアカウントでは「フンボルトペンギンのグレープ君が昨日亡くなりました。これまで応援してくれた皆様本当にありがとうございました。また、グレープ君を最後まで見守ってくれたフルルもありがとう。そして、グレープ君長い間ありがとう。天国でゆっくり休んでね。」と、21歳のおじいちゃんペンギンへの哀悼のメッセージが投稿された。

10月14日(金)より、東武動物公園はペンギン舎周辺に献花台を設置する。【ウォーカープラス編集部/国分洋平】

関連記事

おすすめ情報

Walkerplusの他の記事もみる

関東甲信越の主要なニュース

埼玉 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

地域 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

地域のニュースを見る

地域を選択してください

戻る都道府県を選択してください

記事検索