水木一郎、テープカットも「ゼーット!」アニメフィルムフェスティバル東京2017開会式

水木一郎、テープカットも「ゼーット!」アニメフィルムフェスティバル東京2017開会式

10月13日(金)から15日(日)の期間、「アニメフィルムフェスティバル東京2017」が新宿で開催される。その開会式が13日、京王プラザホテルで開かれた。

「アニメフィルムフェスティバル東京2017」は、日本のアニメ100周年を記念し発足したプロジェクト「アニメNEXT_100」の一環として初開催されるアニメフェス。「アニメのチカラを世界へ」のコンセプトのもと、アニメ作品のイベント上映やアニソンライブやトークイベントなど様々なイベントが行われる。

「アニメNEXT_100」は公式ソング「翼を持つ者〜Not an angel Just a dreamer〜」も製作。楽曲に参加したアニソン・声優アーティスト23組の中から、水木一郎、中川翔子、井上あずみ、Wake Up,Girls!の吉岡茉祐、そして製作総指揮を務める田中公平がゲストとして開会式に登場した。

水木は楽曲について、「『ウィ・アー・ザ・ワールド』じゃないですけれども、アニソン歌手の中で(そういった歌を)と思っていたところに田中先生の歌ったデモテープをいただいて。曲も歌詞もよくて、歌っていてとても気持ちいいです。日本の隅から隅まで、海外に至るまで届けばいいなという風に思っています」と熱い思いを語った。田中は「いまや日本を代表する文化となったアニソンで、一度すべてのレーベルの垣根を超えた曲ができないかとずっと思っていました。世界中にこの曲を聴いていただけることができたら、日本のアニソンはもっともっと上へ発展していけるという思いで製作いたしました」とコメントした。

中川は、水木とのレコーディングの感想を聞かれ「夢のようなレコーディングの時間でした」と笑顔。「レジェンドの皆様が次々に歌声を重ねていくその瞬間、もうワンテイクずつが本当に世界中にとどろくような素晴らしい歌声を見られただけじゃなく、アニキ(水木)が『もっとだゼーット!』と、優しく愛のムチでディレクションしてくださって」と、収録の様子を振り返った。

井上は「8分という大作を、23組、たくさんのみんなで頑張りました。世界中の人にこの曲を届けたいです。でもその前に日本中のアニメを愛するみなさんにこの曲を愛してもらいたいなと思います」と、曲が届くことを楽しみに語った。

今も緊張していると話す吉岡は「素敵な先輩方に囲まれて、100周年という記念すべき年にこういう形でお仕事できて、感謝しかありません。わたしもアニソンを広めるひとつの力になれたら、と思って頑張りました」とはにかみながら話した。

登壇者とゲストを交えたテープカットでは、水木一郎による「ゼーット!」の掛け声とともにテープが切られ、会場は大きく沸いた。アニメ文化の節目の年に、一大イベントが幕を開ける。【ウォーカープラス編集部/国分洋平】

関連記事

おすすめ情報

Walkerplusの他の記事もみる

関東甲信越の主要なニュース

東京 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

地域 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

地域のニュースを見る

地域を選択してください

戻る都道府県を選択してください

記事検索