映画かいけつゾロリの新作公開!初日舞台挨拶に原ゆたか登場

30周年を迎えた国民的人気の児童書「かいけつゾロリ」シリーズ。累計発行部数3500万部を誇る同シリーズの映画第5作目『映画かいけつゾロリ ZZ(ダブルゼット)のひみつ』が11月25日(土)に公開され、シネ・リーブル池袋で行われたその初日舞台挨拶に、原作者の原ゆたかが登壇した。

“いたずらの王者”を目指すキツネのゾロリが、双子イノシシのイシシとノシシを子分に冒険を繰り広げる「かいけつゾロリ」。本作では、ゾロリたちが過去にタイムスリップし、衣装に縫い付けられたトレードマーク「ZZ」の秘密を解き明かす。

いたずらの天才ゾロリ役は、「七色の声を持つ男」と称される山寺宏一が続投。そして過去にタイムスリップした際に出会う若き日のゾロリの母“ゾロリーヌ”を、ももいろクローバーZのリーダー・百田夏菜子が演じる。

初日舞台挨拶で原は、「昨日、みなさんが来てくれるか不安で、3人くらいしか来てくれなかったらどうしようかと思ってあんまり寝れなかったんですけど、こんなにいっぱい来てくださってありがとうございます」とニッコリ。

「今回、ゾロリやトレジャーハンターのゾロンド・ロンを格好良く描けたと思うんですけど、どうでしたか?ゾロリ、いい男だったよね?原ゆたか役のドーナツ屋さんの演技はいまいちだったかな?」と、客席に向かってお茶目に問いかけていた。

そして、ドーナツ屋の店員役を演じた、原の妻で絵本作家の原京子も登壇。お互いに、「Z」の模様が描かれたオリジナルシャツを着用しており、「二人並ぶと(作品名と同じ)ZZになるんですよ」と、並んで手を振った。

なお、同イベントでは、ゾロリグッズが当たる大プレゼント大会もステージ上で実施。原やゾロリと写真撮影もできるとあって、来館した子どもたちは大喜びだった。(東京ウォーカー(全国版)・平井あゆみ)

関連記事

おすすめ情報

Walkerplusの他の記事もみる

関東甲信越の主要なニュース

東京 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

地域 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

地域選択

記事検索