悲報! 西郷さん、一度死んでいた!!

明治維新三傑の一人、徳川幕府を倒した男、東京上野の銅像でも有名な西郷隆盛は一度死んでいた! と言ったら驚く人もいると思いますが、ホントの話です。鹿児島県鹿児島市吉野町、対岸に桜島を望む国道10号線沿いに西郷隆盛蘇生の家がひっそりと建っています。「蘇生」ですから一度死んでいたんです。

安政5年(1858)夏から始まった安政の大獄で、徳川幕府に反抗的な志士が弾圧されるようになると、西郷さんの身にも危険が迫りました。同志で京の清水寺成就院の住職・月照にまで幕府の追っ手がかかり、西郷さんは二人で薩摩へ逃れることにします。

ところが幕府の追及を恐れた薩摩藩は、月照を隣国の日向へ追い出して、藩境で処刑することに。月照を見殺しにできない西郷さんは、ついに自殺を決意し、安政5年11月16日夜、鹿児島から日向へ向かう船の上で、二人は錦江湾に身を投げました。

同船していた筑前の思想家・平野國臣の救助で二人は陸へ運ばれますが、それもむなしく月照は絶命。西郷さんも死線をさまよい、土地の人の一ヵ月もの長きわたる介抱の末、奇跡的に息を吹き返したのです。吹き返す前の息は止まっていますから、ここで死んでいました。

かつて、敬慕していた藩主・島津斉彬が急死した時、後追い自殺しようとする西郷さんを思いとどまらせたのが月照でした。その恩を返すどころか、月照一人を死なせてしまった無念、はからずも約束を破ってしまった不義理、同志を見捨てた藩への怒り……。様々な思いが西郷さんの胸中を駆けめぐったでしょう。

どうしても自分を許すことができなかった西郷さんは、ついに自らを「土中の死骨」と考えるようにしました。「死んだ骨」と言っているし、埋葬もしてしまったので、やはり亡くなっています。こうして自分を死なせることで、一旦リセットし、やり直そうとしたのでしょう。

文字通り生き返った後の西郷さんは、二度の島流しに遭ったり多くの仲間が非業に倒れても止まることなく、ついに徳川幕府を倒します。ところが維新後の西郷さんは立身にも出世にも興味を持たず、郷里の鹿児島に隠棲。明治新政府の要請で東京に出てきても、まるで抜け殻のような日を送り、「西郷は死ぬのではないか?」と親しい者に危惧されることすらありました。

その理由は、強い厭世観だとも、急速に欧米化する明治新政府と相いれなかったとも、栄達して汚職に染まる志士仲間への嫌悪とも、様々に分析されています。しかし西郷さんには、月照とともに目指した幕府政治の改革、その果ての倒幕維新を成し遂げた後はおまけで、あの時自分は月照とともに死んだのだという思いがあったのかもしれません。

【ボクらの維新通信社2018/大葉二郎(サツマニア)】(東京ウォーカー・土井祐希)


関連記事

おすすめ情報

Walkerplusの他の記事もみる

関東甲信越の主要なニュース

東京 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

地域 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

地域選択

記事検索