梅本まどかのライダー×ライター Vol.10 〜飛騨・せせらぎ街道を走る【前編】〜

東海エリアとバイクを愛する梅本まどかが、御自慢のホンダCB400に乗ってオススメのおでかけコースと立ち寄りスポットをご紹介。読者から反響があったコースや、編集部が「知らなかった…」と思ったステキなコースは、東海ウォーカーのドライブ特集に掲載されるかも。今回は、ドライブやツーリングのコースとして人気の「せせらぎ街道」を走ってもらいました!

■ 「せせらぎ街道」をのんびり走ります

みなさんこんにちは、梅本まどかです。今回走るコースは、岐阜県高山市から郡上市まで続く全長72kmの「せせらぎ街道」です。道沿いには気になる観光スポットが点在しているので、たくさん寄り道をしながら走ろうと思います♪

名古屋から東海北陸自動車道を通って「せせらぎ街道」に入り、最初の目的地として訪れたのが、街道沿いにある「道の駅 明宝」です。

■ 明宝ハムを横目に…

ここは物産館や喫茶店、無料休憩所、観光案内所などがあり、規模が大きくて驚きました。広い駐車場の中央に「名馬 磨墨(するすみ)の像」がドンッと格好よく立っていました。建物の奥に見える山もすごくきれいです。

中に入ると、郡上市の名産である明宝ハムや、明宝ハムを使ったグルメがたくさん並んでいました。本当は食べたかったけど…まだツーリングは始まったばかり!後ろ髪を引かれる思いで、次の目的地へ進みました。

■ 「道の駅 パスカル清見」でとっておきの景色に出合いました!

そこから「せせらぎ街道」を20分ほど北に進んで、「道の駅 パスカル清見」へ。この区間は木々に囲まれていて、とても爽快!私が訪れたのは11月だったので、紅葉も楽しみながら走ることができました。

「道の駅 パスカル清見」は、「外観がかわいい!」というのが第一印象。建物の外にも小さなお店が出店していて、アットホームな雰囲気でした。

お団子屋さんのおばあちゃんにオススメを聞いたら、「季節限定のよもぎだんご(1本80円)がオススメなんだけど、完売しちゃった!」と言われてしまいました。残念…。ちなみに、冬にはぜんざいも人気なのだとか。次はぜひ食べてみたいです。

「こっちはなにかな?」と、建物の裏手へ行くと、川が流れていました。この場所の風景が本当にきれいで感動!ステキな景色に嬉しくなって、川の水を触って遊んじゃいました。意外と冷たくなかったです。

本当にきれいだったので、みなさんにも来てほしいな。私のお気に入りスポットになりそうです♪

■ 「西ウレ峠」には雪がちらほら…

道の駅を満喫して、次の目的地へ。「せせらぎ街道」は標高差が大きく、なかでも1番標高が高い場所が「西ウレ峠」です。気温差もあり、峠へ向かう途中には温度計に4℃との表示が。「寒くなってきたなぁ」と思っていたら、ちらほらと雪が降ってきました!

「西ウレ峠」の周辺は、少しだけ雪が積もっていました。淡く雪化粧した木々に囲まれた道を走ると、一気に冬の訪れを感じることができて楽しかったです。でも、この時は路面がまだ凍結していなかったので、ご安心を!

「西ウレ峠」では、ベンチに雪が積もっていたので、雪だるまを作っちゃいました♪1日で秋と冬、2つの季節を感じることができてお得な気分。次回の更新でも、まだまだたくさんの立ち寄りスポットを紹介しますよ!どうぞお楽しみに?【東海ウォーカー】(東海ウォーカー・梅本まどか)


関連記事

おすすめ情報

Walkerplusの他の記事もみる

東海/北陸の主要なニュース

岐阜 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

地域 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

地域選択

記事検索