小倉優香ファースト写真集で「恥ずかしさは全然ありませんでした」

19日、東京・新宿の書店にて、小倉優香さんのファースト写真集「ぐらでーしょん」の発売を記念した写真集お渡し会が開催された。

2017年、「週刊ヤングマガジン」の初表紙&巻頭で鮮烈グラビアデビューを果たして注目された小倉優香さん。ファースト写真集には、そんな小倉さんの大人っぽい雰囲気の写真が多数掲載されている。

写真集お渡し会直前に会見が開催され、好きなカット2点について「2月にハワイで撮影しました。顔を覆った不思議な写真と、すごい寒いプールに入ってがんばって撮った自分を褒めてあげたいと思いこの写真を選びました」とコメントした。

「ハワイなのに、毎日、予報は雨で、移動中に小雨が降っていましたが、撮影現場に到着すると晴れることが3日ぐらい続いて、これまで雨女と言われてきましたが、この撮影の時のための雨女だったんだと思うくらいの晴れでした」と撮影の思い出に残るエピソードを語り、「撮影の衣装も現地で調達したりして、私の着たいものも着たりしました」という言葉も。

タイトルの「ぐらでーしょん」については、「写真集には私のアイデアが織り込まれています。細かいものは提案していないですが、タイトルにもあるような移り変わり=グラデーションを撮らせてくださいということを提案しました」と、小倉さんの一年間の成長と“小倉”の“グラ”がかかって“ぐらでーしょん”というタイトルに決まったそう。

ファースト写真集には大胆なカットもあるが、「最初は練習っぽく手探りで撮影に臨みましたが、だんだん回数を重ねていく内にうまくできるようになり、最終的にはものすごくいいものが撮れました。恥ずかしさは全然ありませんでした」と気負わず撮影したとのこと。

また、デビュー当時(1年前)と今の気持ちの違いを聞かれると、「デビュー当時はぜんぶ同じ笑顔だけでしたが、この一年でいろいろな表情を皆さんに教えていただきました。顔の角度も含めてグラデーションが多くなりました(笑)」と振り返った。

今回の写真集に点数を付けるとすると「100点です!」とニッコリ。「悩みながら撮影して、カメラマンさんやメイクさんなどスタッフさんの協力もありすごくいいものができたと思っています。全人類に向けて見て欲しいです。男性だけでなく女性にも見て欲しい」と語った。(東京ウォーカー(全国版)・週刊東京ウォーカー+編集長 野木原晃一)

関連記事

おすすめ情報

Walkerplusの他の記事もみる

関東甲信越の主要なニュース

東京 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

地域 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

地域選択

記事検索