清水港の夏の風物詩「清水みなと祭り」が今年も開催

静岡市清水区の夏を代表するイベント「清水みなと祭り」は、1947年に清水港の復旧と再開を祝して始まった祭り。

71回目の開催となる今年は「皆が主役 みんなと祭り」をテーマに、8月3日(金)から8月5日(日)までの3日間、区内各所で踊りの披露などのイベントを多数行う。

2日間で延べ2万人の市民が熱く舞う「港かっぽれ総おどり」や、色とりどりの浴衣が美しい「清水ゆかた踊り地踊衆」、清水港での自衛隊装備品展示、清水の次郎長一家28人が清水区内を練り歩く「次郎長道中」など多くのイベントが開かれる。

5日にはメイン会場を清水港日の出埠頭へ移し、飲食ブースや市場が開かれ、港で働く船のパレードや、約10000発の花火を打ち上げる海上花火大会も行われる。

その他、海上自衛隊の護衛艦「いずも」一般公開や、航空自衛隊ブルーインパルスの展示飛行も予定されている。

港町・清水で開かれる「清水みなと祭り」で、さまざまなイベントを楽しもう。(東京ウォーカー(全国版)・ウォーカープラス編集部)


関連記事

おすすめ情報

Walkerplusの他の記事もみる

東海/北陸の主要なニュース

静岡 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

地域 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

地域選択

記事検索