貝の旨味を引き出したラーメンが宮城1位!あらゆるダシにこだわる「だし廊」

■ 2017年に新店ランキングを制した「だし廊」が、今年は総合をも制覇!

看板メニューの「貝だし塩そば」(850円)はスープにはアサリやホタテ、ムール貝などから抽出したエキスがたっぷり。さらには貝エキス入りの塩ダレも組み合わせているので、あっさりしつつも貝の旨味をしっかり楽しめる。スープとよく絡むパスタのような平打ち麺も秀逸。

オープンからわずか2年での戴冠は過去最速かもしれない。ここまでのだし廊の道のりは、恐ろしいくらいに順風満帆である。開業してすぐに人気店となり、1年で仙台の中心部・一番町へ移転。なんとその年に新店ランキングにて1位を獲得し、さらに今回の総合ランキング1位!立て続けの受賞は、だし廊がいかに高いポテンシャルを持つ店かを物語っている。

貝ダシに使うのは、ホタテ、アサリ、シジミ、ムール貝など。貝のエキスがスープを滋味深くしてくれる。自家製麺は、アゴ、貝、鶏、それぞれのスープに合うよう調整されている。貝だし塩そばでは、あえて平打ちのパスタのような麺にしているのがこだわり。

■ 今後も「ダシ」にこだわり精進します!

2016年に東勝山にて1人でスタートした「だし廊」が、2017年に一番町へ移転し、このたびの栄誉をいただけたのは、ひとえにお客様、関係業者様、すてきな仲間たち、支えてくれた家族のお陰です。ありがとうございます! この栄誉を分かち合い、さらに多くの方に喜びや感動を届けられるよう精進します(店主 原田佳和さん)。

タレに用いる醤油やダシの素材である鶏・煮干しの種類や配合を絶え間なく吟味調整。更なる向上に取り組む真摯な姿勢を、百麺人の田中一明さんも熱く支持している。

「飛魚だし醤油そば(熟玉のせ)」(850円)や「海老だし藻塩そば」(800円)、「鶏だし生醤油そば(熟玉のせ)」(750円)、「根菜だし味噌ポタ」(800円)などのメニューもぜひ食べてみたい。

■だし廊<住所:仙台市青葉区一番町2-2-11 TKビル1F 電話:022-204-4890 時間:11:00〜21:00(LO20:45)※スープがなくなり次第終了 休み:なし 席数:26席(カウンター8、テーブル18) タバコ:禁煙 駐車場:なし>(東京ウォーカー(全国版)・ラーメンWalker編集部)


関連記事

おすすめ情報

Walkerplusの他の記事もみる

北海道/東北の主要なニュース

宮城 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

地域 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

地域選択

記事検索