「ふるさと祭り東京」で“ご当地どんぶり”食べまくり!

「ふるさと祭り東京」で“ご当地どんぶり”食べまくり!

毎年約40万もの人が来場する東京ドームの「ふるさと祭り東京」が、今年も東京ドームで開催中だ(1月20日まで)。この広大な敷地の中では、毎年大人気の企画「全国ご当地どんぶり選手権」や、新グルメ企画など“美味いもの尽くし”のイベントが行われている。

11回目を迎える「ふるさと祭り東京」。同イベントでは、全国各地の“ふるさとの味”を思う存分堪能できる。特に盛り上がるのは「全国ご当地どんぶり選手権」。こちらは10回目の開催を記念し、過去の選手権で2度のグランプリ受賞を果たした3つの「殿堂入りどんぶり(殿丼)」が登場しており、注目を集めている。ちなみに殿丼は「うにめし丼」(北海道)、「米沢牛ステーキ丼」(山形県)、「八戸銀サバトロづけ丼」(青森県)の3つ。

また、前回選手権で上位入賞したシード丼が5つ登場。「全国ご当地どんぶり選手権」のブースには、昨年9月開催の予選会を勝ち抜いた10丼と合わせ、計18丼が集結する。是非食べ比べて(1杯500円)、その場で投票し、「No.1ご当地どんぶり」の行方を見守ろう!

さらに、新企画「お祭り串グルメ&地酒セレクション」や「ふるさと週末パン祭り」のコーナーへも足を運びたい。前者では、お祭りを観ながら気軽に片手で楽しめる「串」と「地酒・地ビール」をセットで味わえ、後者では“地元の味”を挟んだサンドイッチ(「ご当地サンド市」のブースで販売)や、各地の人気ベーカリーの味を楽しめる。「ご当地サンド市」には、「京都肉カレードッグ」「九州逸品タマゴサンドセット」などが登場しているので、こちらも抜かりなくチェックしよう。(東京ウォーカー(全国版)・Raira)


関連記事

おすすめ情報

Walkerplusの他の記事もみる

関東甲信越の主要なニュース

東京 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

地域 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

地域選択

記事検索