福岡市街地から車で約90分で行ける、大分県のいちご農園をご紹介。さらに、いちご狩りの後に寄りたいスポットと温泉もあわせてご紹介!

■ 40分でしっかり元が取れる!「日隈いちご園」

「Fraise」(フランス語でいちご)の看板を掲げるオシャレな受付棟で、自家いちごジャムやタルトを販売。伐株山(きりかぶさん)の麓、標高300mのハウスにて親子で「さがほのか」を育てる。中学生以上1400円で40分食べ放題とリーズナブルなのも訪れやすい。期間は5月下旬まで。

[日隈いちご園]大分県玖珠郡玖珠町山田313-2 / 050-5373-8759 / 9:00〜17:00(最終受付16:00) / 不定休 / 中学生以上1400円(税込・40分食べ放題) 、小学生1000円、3歳以上800円(各税込)、2歳以下無料(※土曜・日曜・祝日は+100円、4月上旬以降は値下げあり)

■ 大分が誇るブランド牛を手軽な丼で!「道の駅 童話の里くす」

“豊後牛”が推しのレストラン。直売所でも販売する「おばあちゃんタレ」を使い、甘辛く味付けしたカルビ丼やハンバーグ、すき焼きなどが評判。

[道の駅 童話の里くす]大分県玖珠郡玖珠町帆足2121 / 0973-72-5535 / レストラン10:00〜17:00(LO16:30) / 無休

■ 広々とした家族湯でのんびり!「野田温泉」

貸切り湯施設。20tの石をくり抜いた湯舟や樽湯など造りの異なる12室があり、湯はコイン式の入替えスタイル。無料休憩所もあり。

[野田温泉]大分県玖珠郡玖珠町山田2641-3 / 0973-72-2215 / 10:00〜21:30、土曜・日曜は〜22:00 / 不定休 / 1室1000円〜2300円(税込・50分)(九州ウォーカー・九州ウォーカー編集部)