山口県の萩市椿東越ヶ浜笠山椿群生林で、2月15日(土)から3月20日(金)までの土日祝日に「萩・椿まつり」が開催される。

萩市笠山の北端約10ヘクタールに、約2万5000本のヤブツバキが自生した会場で開催される「萩・椿まつり」。地元越ヶ浜の特産品の販売、椿見どころ案内人による群生林内の無料ガイドなどが行われる。落ち椿の再現コーナーはフォトスポットとしておすすめだ。日によって抹茶席の開催や、前回好評だった萩ジオパーク推進協議会とのコラボイベントも開催される。椿の美しさを再発見しに訪れよう。

担当者は「今季は開花こそ例年並みでしたが、暖冬の影響もあり、既に見頃を迎えている木もあります。また例年以上につぼみが多く、まつり期間中はたくさんの椿が楽しめそうです。会場では、例年好評を博している資生堂TSUBAKIとのコラボ企画や椿に関するクイズラリー、笠山の魅力に五感を使って迫るイベント『笠山ジオアドベンチャー』など、魅力あるイベントが盛りだくさん。美しい景観と共にお抹茶が楽しめる日もあるかもしれません。会場付近では、萩往還梅林園まつりや萩の真ふぐ祭り、萩・しろ魚まつりが開催される日もあります。この冬はぜひ、日本の志(こころ)を見つけに萩市へお越しください」と魅力と共に来場を呼びかける。

様々な催しがある「萩・椿まつり」。会期中の土日祝日はぜひ萩市に足を運んで。(東京ウォーカー(全国版)・ウォーカープラス編集部)