石川県金沢市のコニーズアイで、3月29日(日)まで「オールプラスチックの傘/すてるをなくす」が開催されている。

日本特有のビニール傘は、安価だが壊れやすい、別名・使い捨て傘。日本では現在、年間約6000万本が消費され、壊れたらゴミになってしまっている。そこでコニーズアイでは、「+TIC」という新しい傘を展示・販売。オールプラスチックなので錆びもせず、さらに強風にも耐えられる丈夫さを有する。万が一壊れても、生地や部材を取り替えることができる。持続可能な社会と地球環境の実現に向け、「すてるをなくす」を進めるためのイベントだ。

担当者は「全てプラスチックで作られたリサイクル可能な新しい傘、『+TIC/プラスチック』(税別3500円)を展示・販売します。壊れにくく錆びず、傘生地(税別900円)が張り替えられ、安全で簡単に開閉できる構造、先端が広く自立できる設計、一体感のある美しいフォルム、手にかけやすいストラップなど、非常に特徴的なものとなっています。デザインしたのは、無印良品『体にフィットするソファ』やオムロン『けんおんくん』で有名な柴田文江さんです。ぜひ足をお運びください」と来場を呼びかける。

1階カウンターではカフェも営業しているので、作品鑑賞の後はカフェで一息つくのもおすすめだ。(東京ウォーカー(全国版)・ウォーカープラス編集部)