強い日差しに映えるブ―ゲンビレアの祭典「おきなわブーゲンフェア2020」が、沖縄市の東南植物楽園で2月22日(土)〜4月12日(日)の期間に開催される。

色鮮やかなことで知られるブ―ゲンビレア。特に沖縄県内ではブーゲンビレアを市区町村の花にしている市町村が、読谷村、西原町、那覇市、豊見城市、南風原町、宮古島市と多くあり、身近な存在となっている。

イベント期間中に飾られる特大ブーゲンタワーは、圧倒的なスケールが見事な国内最大級の特大オブジェなので、色鮮やかな花々とインスタ映えを狙った記念撮影ができる。17時からはライトアップとイルミネーションが開催予定だという。

そのほか、来園するともらえる「ボタニカルアートカード」を使って楽しめるフォトラリーや、植物ガイドと園内を巡ってブーゲンビレアの見どころや豆知識を聴けるブーゲンツアー、誰でも応募できるフォトコンテストなども実施。

期間中には、体験プログラムとしてブーゲンビレアのアクセサリ―作りなども開催。自分好みの品を見つけたらブーゲンビレア苗販売でお土産を買うこともできる。東南植物楽園で、沖縄ならではの春を感じてこよう。(東京ウォーカー(全国版)・ウォーカープラス編集部)