世界中で長く愛されている絵本「はらぺこあおむし」の世界観が楽しめるコラボカフェが、2020年4月1日(水)から2021年3月31日(水)の期間限定で、吉祥寺パルコ内のサンデーブランチ 吉祥寺店(東京都武蔵野市吉祥寺)にてオープンする。

「はらぺこあおむし」はアメリカの絵本作家エリック・カールが手掛け、1969年に出版。鮮やかで大胆な色使いとシンプルで分かりやすいストーリーから、全世界で60以上の言語に翻訳され、これまでに累計4400万部を販売するベストセラーとなっている。2018年には、銀座で世界初の「はらぺこあおむしカフェ」を開催し、予約が1カ月先まで取れないという人気ぶりで盛況のうちに終了。第2弾となる今回は、“フルーツパーラー”をコンセプトにメニューを一新し、1年間限定で吉祥寺で開催する。

フードは、絵本の中で曜日ごとにあおむしが食べるフルーツをライスで表現した「はらぺこあおむしのフルーツカレー」や、煮込みハンバーグとナポリタンスパゲッティが入った 「はらぺこプレート」といった彩り豊かなメニューがお目見え。

スイーツは、「フルーツサンド」や「プリン・ア・ラ・モード」など、はらぺこあおむしの大好きなフルーツをたっぷりあしらったメニューを提供する。さらに、キッズメニューも用意されるほか、料理のデコレーションに使われるアートクッキーは野菜やスパイスなど天然着色料で色付けしたものを使用。見た目だけでなく、細部にまでこだわった体に優しいメニューなのがうれしい。

店舗の入口では、絵本の最初に登場する太陽と春らしいチューリップ畑、そして今回のテーマでもある”フルーツパーラー”をイメージしたデザインの、大きなタペストリーが来店者をお出迎え。はらぺこあおむしと一緒に記念写真が撮れるフォトスポットも設けられるので、来店の際は撮影も楽しんで。

また、キッズスペースのインテリアは子供部屋をイメージし、エリック・カールのカラフルなアートに囲まれながら楽しく食事ができる空間に。オープンが待ち遠しい、子供も大人もワクワクするような夢いっぱいのカフェだ。

TM & (C) 2020 Eric Carle LLC.(東京ウォーカー(全国版)・角川アップリンク)