近年の抹茶ブームで、スイーツをはじめ、フード、進化系ドリンクなどさまざまなメニューが充実してきた。現在発売中の「東京ウォーカー4月号」では“抹茶マニア”に向け、多様に進化した抹茶メニューを大特集。今回は、人気抹茶インスタメディア「MATCHANNEL」と抹茶マニアのフォロワーたちが選ぶ、お家で楽しめる絶品抹茶スイーツ8種をレコメンドコメントとともにお届け!<※情報は東京ウォーカー2020年4月号(3月19日発売)より>

■伊藤久右衛門の「抹茶だいふく」

「味、食感、香りのバランスが絶妙で抹茶大福の決定版ともいえる味。歯切れがいい食感の皮が絶妙。似たような商品は数あれど、こちらは上品な甘さなので何個でも食べられます」(価格:1389円)

■ななやの「matcha7」

「特殊な製法で丁寧に作られた7種類の抹茶チョコレートと1種のほうじ茶チョコレートを食べ比べながら、自分の好きな濃度のものを見つけるのも楽しい。自分が甘党か”苦党”か判断できるかも!?」(価格:1000円)

■京はやしやの「抹茶生千代古齢糖ケーキ」

「抹茶ケーキと抹茶生チョコレートのいいところをかけ合わせたようなケーキ。重厚感があるので、少しずつ食べるのがお気に入り。苦味の強い抹茶や、コーヒーと合わせるのがおすすめなのでティータイムにぜひ」(価格:税込3888円)

■みなみやましろ村の「むらちゃプリン」

「抹茶に対して厳しいジャッジをするフォロワーたちも大絶賛したプリン。とにかく濃厚でとろとろ!抹茶の風味をより引き出すために、三重県産の低温殺菌牛乳と新鮮な卵を使用」(価格:税込410円)

■茶の環の「お濃い抹茶ラングドシャ」

「一口で食べられる小ぶりなサイズにもかかわらず、1個でも抹茶のエッセンスを存分に堪能できるのがうれしい。取り寄せのほか、東京では日本橋三越にある直営店でも購入可能です」(価格:1000円)

■寿月堂の「濃厚抹茶ロール」

「ラングドシャの生地が好きなので、抹茶スイーツが豊富な寿月堂の中でも、この商品がイチ押し。芳醇なバターの香りと爽やかな抹茶の香りが同時に楽しめるのがたまりません」(価格:税込890円)

■不二家カントリーマアムの「宇治抹茶」

「手に入りやすく手ごろなお菓子ながら、抹茶の旨味と風味を感じることができます。抹茶味は、春だけに発売される限定商品。年ごとに味が異なるので、毎年必ずチェックするようにしています!」(価格:オープン価格)

■ロッテ爽の「抹茶フロマージュ」

「フロマージュの“チーズ感”が強いのが特徴。抹茶アイスの香りと甘味に、チーズの酸味と塩けが合わさって唯一無二の味わいに。たっぷり食べられる満足サイズ(185ml)も魅力です」(価格:140円)
 
紹介したラインナップは、さまざまな食感で抹茶の風味を味わえるのが魅力。ひとりでじっくり食べるもよし、家族で楽しむもよし。気になるスイーツをぜひチェックしよう。
 
※記事内の価格は特に記載がない場合は税抜き表示です。商品・サービスによって軽減税率の対象となり、表示価格と異なる場合があります。
 
角川アップリンク