軽やかに飛び、しなやかに舞う!北海道に暮らす白猫コンビ、ぷるちゃん&リリーちゃんの重力を感じさせない身のこなしは、さながら“にゃんこ界のアクションスター”だ。一見すると、真っ白な毛がチャームポイントの美人猫姉妹。ところが、遊び始めた途端に白熱のバトルがスタートし、“投げ技”や“蹴り技”が次々に飛び出す。今回はそんな2匹の名アクションシーンや日常の様子を、飼い主さん(@kanapu10)のお話と共にたっぷりと紹介しよう!


青い瞳のぷるちゃんは7歳、黄金色の瞳のリリーちゃんは3歳。飼い主さんの家にやってきた経緯はそれぞれ異なるが、真っ白の美しい毛並みとピンと立った大きな耳がそっくりの2匹は、まるで本物の姉妹のよう。

「ぷるは牧場の厩舎(きゅうしゃ)に住み着いた黒猫が産んだ子で、目の視点も少し合っておらず、いつも1匹でいる様子でした。白猫でブルーアイの子は難聴になりやすいと聞いたことがあったので、『耳が聴こえない子かも?』と思い保護しました。すぐに病院で確認してもらい、お医者さんに『大丈夫』と言われた時は、本当にホッとしましたね」
 
「リリーは、Twitterで里親が募集されていたところをたまたま見つけました。妙に気になったのですが、その時すでに保管期間が切れていて。処分されてしまったかもと思っていたら、保管期間延長のツイートが…!すぐに保健所に電話して、処分期限ギリギリでお迎えに行く事が出来ました」
 
飼い主さんの愛にあふれる行動によって、共に家族の一員となったぷるちゃん&リリーちゃん。今では、激しくじゃれ合ったり、家中を飛び跳ねたり、キャットタワーでまどろんだりと、自由気ままな暮らしを送っている様子。
 

2匹の性格について聞いてみると、「ぷるは穏やかで大人しく、ビビりちゃん。おひとり様が好きで、リリーとは遊ぶ時しか一緒にいません。リリーは天真爛漫で活発。甘えん坊でいつも腕枕で寝ています。ぷる同様穏やかな性格で、一度も怒ったところを見たことがありません」と飼い主さん。さらに、ぷるちゃんは大人しそうに見えて、動きや行動がお茶目なところが、リリーちゃんは得意のジャンプを活かした、トリッキーな動きや立ち姿がチャームポイントなのだとか。
 
2匹が楽しそうに戯れている姿を見るのが幸せだという飼い主さんだが、猫たちのアクティブな行動に“ヒヤリ”としたエピソードも。

「ぷるが子猫時代に、家の2階の網戸を破って目の前に落ちた時は、心臓が止まるかと思いました。地面が土だったからか無事に着地ができ、何ともなかったので本当に良かったです」
 
そんなぷるちゃん&リリーちゃんがSNSで話題となったのが、躍動感あふれるアクションシーンや、まるで空中に浮いているかのような“無重力ショット”。数々の名シーンを生み出した、撮影のコツやテクニックについても聞いてみた。

「2匹ともカメラを全然気にしないので、遊び始めたらすぐに撮影を始めます。2匹の行動パターンが分かっているので、予測してシャッターを切るという感じです。ぷるとリリーはいいコンビなので、私の予想以上の動きをしてくれますね。写真を撮っていてとても楽しいです」
 
ぷるちゃん&リリーちゃんは、その華麗な動きで着実にファンを増やし、今やSNSのフォロワーはTwitter(@shinbaba10)で2.2万人、Instagram(@kanapu10)で5.6万人を突破した。普段の可愛らしい姿と、スイッチが入った時とのギャップがたまらなくユニークな白猫コンビの活躍を、今後も要チェックだ!
取材・文 佐藤理沙子