“タヌキに似ているポメラニアン”として、人気を集めるたろ吉(@kyabetubatake)ちゃん。近所を散歩中に、「あれ、タヌキじゃないの…?」と噂をされることもあるという、丸くてフワフワとした“タヌキ風”のいで立ちがキュートな女の子だ。高圧的な態度でボールを投げるよう強要する“怖かわいい”動画が、Twitterで24.8万いいねを獲得するなど、その愛らしいキャラクターでSNSをにぎわせてきたたろ吉ちゃんだが、今回はそんな彼女の最近の過ごし方に注目してみたい。


新型コロナウイルスの影響で外出自粛が求められ、フラストレーションが溜まるのは人も犬も同じはず。ところが、4月4日のツイートには、「たろ吉は週末、『自宅の中の自宅』で 自宅待機を早速開始しました」という飼い主さんのコメントと共に、お気に入りのハウスの中から笑顔を向けるたろ吉ちゃんの姿が。“二重の自宅待機”をするたろ吉ちゃんに対し、「可愛いですね!」「私も見習いたいと思います」といったコメントが続々と寄せられた。
 
さらに8日には、「プハーッ」という効果音が聞こえてきそうな写真と共に、「『あー水美味い』という表情の写真が見つかりました。表情豊かな犬です。たろ吉を見習い、喉や鼻に菌やウィルスが留まらないように気をつけないとですね」とツイート。18日には、「扉を開けると犬が待ち伏せしていた」と、飼い主さんが外出しないよう見張りをする姿がアップされるなど、飼い主さんと一緒に感染予防に努めるたろ吉ちゃんが、あまりにも可愛すぎると大きな話題に。
 

気分が落ち込むニュースであふれる昨今、日常に癒やしを求めている人は多いだろう。たろ吉ちゃんの飼い主さんも「世の中が混乱していますね。そんなときこそポメラニアンをみて、優しい気持ちになってください」と、クスっと笑える自宅でのワンシーンや、美しい自然の中を散歩する様子など、さまざまな写真や動画をSNSで紹介している。タヌキのような“モフモフ感”で人々を癒やし、時にはみんなのお手本にもなる人気わんこ・たろ吉ちゃんをチェックしてみよう!