神奈川県・箱根町のポーラ美術館は、いつでも美術に親しめるコンテンツを集めた「#おうちでポーラ美術館」を公式サイト上で公開中。美術の知識に関係なく、さまざまな人が美術と美術館を楽しめる内容になっている。

「#おうちでポーラ美術館」では、約30にわたるコンテンツを「みる」「よむ」「つくる」「ポーラ美術館を知る」の4つのカテゴリーに分けて紹介。

「みる」ページでは、学芸員による展覧会や作品の見どころ解説や、ポーラ美術館自慢のコレクションであるさまざまな時代の化粧道具についての解説などを動画で紹介。鑑賞するだけでは分からない、各作品の奥深い魅力を知ることができる。



「よむ」ページデータは、マンガや人物相関図などを通して、画家の人となりやアートの歴史、科学調査によって明らかになった作品の制作過程を紹介。美術に関する知識がなくても親しみやすい内容で、歴史に名前を残してきた名画家をより身近に感じることができる。

「つくる」ページには、ぬり絵や切り紙絵など親子で楽しめるコンテンツが並ぶ。この機会に親子でさまざまな美術作品に触れてみよう。

「ポーラ美術館を知る」は、ポーラ美術館をより深く知ることができるページ。展覧会準備の様子など、普段は見ることができない美術館の舞台裏の仕事や、敷地内の国立公園の森でテント泊をするイベントなどが紹介されている。


外出が難しいゴールデンウィーク中、さまざまな観点から美術を楽しめる「#おうちでポーラ美術館」で、美術館に「行った気分」になるのはいかがだろう。

※ポーラ美術館は、新型コロナウイルスの影響で当面の間臨時休館中。詳しくは公式サイトをチェック。