中田英寿氏は、新型コロナウイルス感染拡大防止のためのSTAY HOME企画の一環として放送される「J-WAVE HOLIDAY SPECIAL CHEERS FOR ALL」に生出演することが決定した。

本イベントは、J-WAVEがSTAY HOME企画として、ラジオを通して励まし合い、希望をつないでいくことを目的としたスペシャルプラグラムで、ゴールデンウィーク期間中の5月5日(祝)に、1日限定で開催される。17時40分頃の出演予定となっている中田氏は、同局でレギュラー番組「VOICES FROM NIHONMONO」に出演しており、今回の生放送では全国を旅する中で出会った酒蔵や生産者、レストランなどが受けている、新型コロナウイルスによる状況を伝える予定となっている。

■中田氏のアイデアにより生まれた、生産者である農家や酒蔵、レストランを助けるプロジェクトとは
インタビューでは、中田氏のアイデアにより先日からスタートした、一流シェフと生産者、農家、酒蔵などを繋ぐ動画コンテンツ「にほんもの Chef’s Table」の実施にいたった背景が紹介される。第2弾が公開となったばかりの同企画では、神楽坂に店を構える三つ星レストラン「虎白」の小泉瑚佑慈シェフが登場し、普段は予約困難なレストランの味を家庭で簡単に楽しめるレシピを紹介している。

■不要不急の外出を控える今だからこそ知っておきたい今後の企画とは
また、コロナウイルスの蔓延により不要不急の外出自粛が呼びかけられている中、中田氏が代表を務めるJAPAN CRAFT SAKE COMPANYが今後予定している酒蔵と消費者をオンラインで繋ぐサービス「e-tasting」なども紹介。今だからこそ、自宅での生活をより楽しむためきっかけとなる情報が満載だ。