ファッション誌「Seventeen」の専属モデルとして、女子中高生から絶大な人気を誇る久間田琳加(19)が、6月5日に1stスタイルブック『明日、もっとキレイになる りんくまがじん』と、1st写真集『りんくまちっく』を同時発売! ランジェリー姿や沖縄で水着姿を披露するなど、2冊で異なる魅力を見せている。
今回は、新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、対面でのインタビューではなく、アンケート形式で、スタイルブック&写真集についてはもちろん、近況や自身がパーソナリティを務めるラジオ番組などに関する質問に答えてもらった。


■家の中の快適スポットとは?

――おうち時間が多いと思いますが、おうちでどのように過ごしていますか?

久間田「Netflixで映画やドラマを観ています。最近はいろんな方からおすすめして頂いていた、『梨泰院クラス』を観終わりました。アメリカ、韓国など、ジャンル問わず作品を観るのが好きです!」

――家の中でのお気に入りの場所は?

久間田「ベッドの上です!部屋の中でも1番陽が入るぽかぽかスポットで、スマホスタンドもおいているので、快適スポットです」

――自分の部屋のこだわりは?

久間田「お部屋の模様替えをしたいなと思っている所で、最近はおうち時間に家具をみる時間も増えました。今はまだたくさんの中から悩んでいます!」

――マイブームは?

久間田「料理です。元々(季節の)イベントのときにスイーツを作るのが好きだったのですが、おうち時間に作る機会が増えました!アップルパイや、チーズケーキ、バナナケーキ、最近流行っているダルゴナコーヒーも作りました!美味しくできて満足です」

――最近買ったお気に入りのものは?

久間田「ピオニーの香りが大好きなのですが、今は芍薬の季節で、大きなお花がみていてとても癒されます。花瓶もいくつか買いました。届くのが楽しみです!」

――最近おうちで起こったプチ事件は?

久間田「洗濯物の中に、アイマスクを入れてしまって、そのまま洗濯してしまいました、、」

――10代のうちに「ブラックコーヒーを飲めるようになりたい」と語っていましたが、その後いかがですか?

久間田「アイス入りでしたら飲めるようになりました!あと一歩なので、頑張ります、、!」



■専属モデルとして念願だったピン表紙

――「Seventeen」の専属モデルになって8月で3周年!特に印象に残っていることは?

久間田「昨年の夏、初めてピン表紙を叶えられたことです!お祝いのコメントもたくさんいただき、とにかく嬉しかったです。本屋さんに並んでいるのを目に焼き付けました!」

――専属モデル仲間で、特に仲良しなのは誰ですか?

久間田「みんな本当に仲が良いですが、同い年のマーシュ(マーシュ彩)とは撮影もよく一緒になるので、仲が良いです。ハロウィンの時はおうちでコスプレしたりしました!」

――私は同じくSeventeenモデルの山本彩加ちゃんとラジオ番組(NMB48のTEPPENラジオ)で一緒にお仕事をしているのですが、彼女に対するイメージを教えて下さい。

久間田「あーやんは、まさに妹って感じで、とても可愛いです、、!」


[HAED]自身初の冠ラジオ番組でヒヤヒヤしていること[/HEAD]

Q 文化放送『レコメン』内の冠ラジオ番組『久間田琳加 りんくま*めがへるつ』のパーソナリティに就任して2年半が過ぎましたが、特に印象に残っていることは?

久間田「無茶振りなコーナーが、特に印象に残っています(笑)。ランウェイ大喜利というコーナーがあるのですが、時間内に大喜利をしなくてはいけなくて、、いつも焦って、ヒヤヒヤしています」

――特にお気に入りのコーナーは?(私は『りんくまはどっち?』です)

久間田「私も『りんくまはどっち?』のコーナーが、ラジオらしさもあり好きです!リスナーさんが面白い二択を送ってくださるので、毎回楽しいです」

――番組収録の際に心掛けていることは?

久間田「初めて聴いて下さったリスナーさんにも、楽しんで頂けるよう心がけています!」


■美容のこだわりが詰まったスタイルブック

――6月5日に1stスタイルブック『明日、もっとキレイになる りんくまがじん』が発売されますが、そもそも「りんくま」というニックネームはいつから?きっかけは?

久間田「学生時代から色々なニックネームがあったのですが、その中にりんくまというニックネームもあったので、それがきっかけですね」


――スタイルブック全体の見どころを教えて下さい。

久間田「私はコスメ、メイク、美容全般が大好きなので、このスタイルブックは美容本になっています!今までメイクや、ボディケアについて詳しくお話する機会がなかったのですが、この本ではかなり隅々までお答えしました!スタイルブックの撮影のために、ジムの回数を増やしたり、体を整えたので、そこもみていただけたらと思います!」

――打ち合わせにも参加して、メイクのテイストや衣装の細部までこだわったそうですが。

久間田「私自身、自分だったらどういうスタイルブックがいいだろう?と考えるのも好きで。
打ち合わせに行った時に編集部さんと意見が同じで、美容本にしよう!となったので、嬉しかったですね」


――「明日、もっとキレイになる」ために、日頃からやっていることは?

久間田「ボディクリームが大好きで、毎日保湿ケアをするように心がけています。香りにも癒されて、いい睡眠につながる気がしています」


■素の久間田琳加の魅力が満載の写真集

――スタイルブックに加えて、1st写真集『りんくまちっく』も同時発売されます。写真集全体の見どころは?こだわりのポイントなども教えて下さい。

久間田「一言で表すと、素 です。なので自分自身では、ちょっぴり恥ずかしいです!こだわりポイントは、表紙の「りんくまちっく」の文字は私が書きました」


――特にお気に入りのカットは?

久間田「すっぴんで撮った、両面ページのハンモックでの写真です。撮影するとき、すっぴんですか!?と恥ずかしかったですが、周りの方からも好評のカットで嬉しかったです」

――沖縄県の石垣島、波照間島、竹富島で撮影されたそうですが、沖縄のグルメはいかがでしたか?

久間田「ゴーヤチャンプルーが大好きだったので、本場で食べられたのが嬉しかったです!毎晩頼んでいました!(笑)他にも初めてジーマミー豆腐や、島らっきょうも食べて、沖縄を満喫しました」

――撮影中の裏話は?

久間田「撮影したときはまだ寒くて、まだ海に誰もいなかったんです。実際に海に入っているシーンの撮影は、地元の方にもびっくりされるくらいでした」


――カメラマンの川島小鳥さんはどんな人でしたか?

久間田「実際に誌面に入っている歯磨きをしているカットは、私が本当に歯磨きをしているところを、いいね!となって撮影したりしました。他のカットでも、小鳥さんがそのポーズ可愛いね!と言ってくださったりして、とても楽しく写真を撮ってくださる方でした!」

――ご家族などからの写真を見た感想は?

久間田「両親は、家でみる私がいるような感じだねと言っていました。それくらい素が詰まっていると思います」


――最後に、読者の皆さんにメッセージをお願いします!

久間田「今回、はじめてのスタイルブックと写真集を、2冊同時に発売することになりました!スタイルブックは、私のモデルとしての力をすべて出し切った1冊になりました。衣装合わせ、打ち合わせ、撮影、全てに全力をつくしたので、自分を表す1冊になったと思います。写真集は、週プレさんの紹介にも書いてあったのですが、モデルの私とはまた違う、素の私がみて頂ける1冊になっていると思います。2冊の違う私をぜひご覧ください!」

【取材・文=ポッター平井】

<久間田琳加ファーストスタイルブック「りんくまがじん」概要>
セブンティーンのトップモデルにして新世代のビューティーアイコン、"りんくま"こと久間田琳加がお届けする、読めばキレイになれる、初のビューティースタイルブック! メイク、スキンケア、ボディメイク、モーニング&ナイトルーティン、キレイのマインドなどを、女の子の憧れの的である"りんくま"のかわいくて美しい写真とともにお届けします。10代最後の彼女の魅力がぎゅっと詰まった1冊になっています!
■発売日:6月5日(金)
■ページ数:112ページ ■サイズ:B5変形版
■撮影:三瓶康友/花盛友里/久々江満/浜村菜月/
MELON/細谷悠美/北浦敦子
■金額:1400円(税込1540円) ■編集:Seventeen編集部(集英社)

<久間田琳加ファースト写真集「りんくまちっく」概要>
数々の美少女を発掘し、スターを生み出し続けているファッション誌『Seventeen』の専属モデル、久間田琳加のファースト写真集。モデルとしてではなく、19歳の少女のありのままを記録するため、立場も肩書もすべて無くして撮影にのぞんでもらいました。誰にでも見せるわけではない無邪気な笑顔やおどけた表情など、他では決して見ることのできない、ここだけの久間田琳加が溢れた一冊です。
■発売日:6月5日(金)
■ページ数:80ページ ■サイズ:B5判 ■撮影:川島小鳥
■金額:1600円(税込1760円) ■出版:集英社