いよいよバレンタインシーズン。バレンタインシーズンといえば、ちょっぴり贅沢なブランドもののチョコレートのほか、変わり種のバレンタインギフトが登場して話題となることもしばしば。そこで今回は、この時期だから買える変わり種バレンタインギフトを紹介しよう。

■和洋折衷の“映える”チョコ最中 「心よせ 結」
「叶 匠寿庵(かのうしょうじゅあん)」からは、草花や生き物をフルカラー印刷した香ばしい最中種で、口どけのよい和のチョコを挟んだ「心よせ 結」が登場。北海道から熊本まで、ネット通販を含む70店舗で販売される。

最中種に印刷している色とりどりの柄は、「草花やその色に想いを込めて贈る」日本ならではの奥ゆかしい文化を表現。また、それぞれの柄にはハート形が隠されているため、想いを届けるバレンタインにぴったりだ。

■薫り豊かな味わいが人気の「カカオ甘納豆」も数量限定発売
自由が丘のチョコレート専門店「MAGIE DU CHOCOLAT(マジドゥショコラ)」からは、毎年人気の「カカオ甘納豆」が登場。

「カカオ甘納豆」(各種単品・税抜815円)は、珍しい台湾産カカオをはじめ各国のカカオ豆を厳選し、甘納豆のように煮詰めて砂糖をかけた商品。スーパーフードとして話題のカカオ豆の味わいをそのままいかした新感覚スイーツで、甘納豆を思わせる食感とカカオの薫り豊かな味わいが絶妙だ。噛めば噛むほどチョコレートの薫りが口に広がり、やみつきになるだろう。

■見た目はチョコのアソートセット?「バレンタインさつま揚げ」
創業120年のかまぼこの老舗、魚万商店では、昨年大好評を博した「バレンタインさつま揚げ」の2021年版をインターネット通販限定で販売。

「バレンタインさつま揚げ」は、ひと口サイズのさつま揚げをチョコレートアソートのように詰め合わせたバレンタイン限定のギフトセット。2020年に初めて登場し、ネットメディアなどで反響を呼んだ。

今年はより多くの年齢層の方々に楽しんでもらえるよう、「和風」「洋風」2種類の商品バリエーションが登場。老舗が誇る熟練の職人たちが考案した個性豊かなさつま揚げを詰め合わせており、お好みのテイストを選べるのも魅力だ。

■トレンドの“チョコがけフルーツ”を色鮮やかなキャンディに
「世界一おもしろいお菓子屋さん」を目指すアート・キャンディ・ショップ「PAPABUBBLE/パパブブレ」では、バレンタインに向けて「チョコがけフルーツ」の各種スイーツを展開している。

甘酸っぱいキャンディの薄殻をサクッとかじると、中に程よい甘さと苦さのチョコレートが詰まった「チョコキャンディミックス」は、今年さらにフルーツ感をアップ。フリーズドライのいちごフレークやラズベリーフレーク、オレンジパウダーなどフルーツ素材にこだわり、それぞれのフルーツに合うチョコレートを掛け合わせている。※5種類のキャンディのうち4〜5種類がランダムに封入

このほかにも、見た目がかわいい「板チョコロリポップ」や、甘酸っぱい「初恋レモンロッキーロード」などのバレンタインにまつわる商品が発売。店舗だけでなく、オンラインで買える商品もある。

■キュートな高級食パン「ピンクのヒョウ」はオンライン限定
2019年に誕生すると、全国に続々と店舗を増やし、SNSを中心に話題を集めた高級食パン専門店「ねこねこ食パン」。昨年8月に発売されて人気を呼んだ「ヒョウ柄」の“ねこねこ食パン”が、バレンタイン気分高まる「ピンクのヒョウ」に変身して、2月1日(月)〜2月28日(日)までの期間限定でオンラインストアにて販売される。

「ピンクのヒョウ」は、いちご風味とココア味の生地で表現された模様が、金太郎飴のように切っても切っても出てくる、キャッチーな“ねこねこ食パン”。そのかわいらしい見た目は、バレンタインギフトとしてはもちろん、友人や小さな子供への日頃のプレゼントにもおすすめだ。

今回紹介したバレンタインギフトは、「PAPABUBBLE/パパブブレ」の一部商品をのぞき、すべてオンラインショップで購入できる。今年はおうちでまったり過ごしながら、バレンタインを楽しもう。

※新型コロナウイルス(COVID−19)感染症拡大防止にご配慮のうえおでかけください。マスク着用、3密(密閉、密集、密接)回避、ソーシャルディスタンスの確保、咳エチケットの遵守を心がけましょう。

※記事内の価格は特に記載がない場合は税込み表示です。商品・サービスによって軽減税率の対象となり、表示価格と異なる場合があります。