台風の置き土産!? 北アルプスに“仔犬”が出現

台風の置き土産!? 北アルプスに“仔犬”が出現

2017/10/24 12:09 ウェザーニュース

超大型台風21号の接近・通過から一夜明け、今日は各地で穏やかな空が広がっています。台風の置き土産として冷たい空気が流れ込んだ影響で、北アルプスの山々には雪が降り積もりました。

そんな中、なんと白い“仔犬”が出現!

仔犬の正体は雪形

仔犬が雪で形どられているのが分かります。この様に雪が少ない時期、山々に出現する様々な形を雪形といいます。
春に出現する事が多く、農作業を始める目安にされることもあります。
東天井岳の仔犬は、毎年6月中旬に出現。

今回は、この頃と同じ程の積雪となり、仔犬の雪形が出現したようです。

春は各地で雪形が登場

左は同じ2016年5月13日に岐阜県から届いた白馬の雪形。
飛騨の山『笠ヶ岳』に大きな白馬が浮かび上がっています。

右も2016年5月13日に山梨から届いた”農鳥”と呼ばれる雪形です。
富士山に鳥の形が見えています。

これらの地域に出かけた際は、ぜひ、いろんな雪形やその形の変化に注目してみてください♪

関連記事

おすすめ情報

ウェザーニューズの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

社会 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

社会 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索