2019/12/06 16:49 ウェザーニュース

■ 天気のポイント ■

・東京は冷たい雨 箱根や秩父では雪
・気温上がらず、万全な防寒が必須
・北日本も午後は雪雨が強まる


明日7日(土)は前線を伴った低気圧が本州の南海上を進むため、太平洋側では雲の多い空模様となります。沿岸部では冷たい雨が降る所があって、関東ではみぞれや雪になる所もありそうです。

北日本には別の低気圧や前線が接近するため天気は下り坂で、午後は雨や雪が強まり、雷やあられにも注意が必要です。

東京は冷たい雨 箱根や秩父では雪

朝から雲の多い空模様で、関東南部では冷たい雨が降ります。東京は雪の可能性は低いものの、周辺で一時的に雪が混じる可能性があり、箱根や奥多摩、秩父など山沿いでは雪になりそうです。

東海から西でもにわか雨がありますので、お出かけするときには折りたたみの傘があると安心です。

気温上がらず、万全な防寒が必須

関東から四国では日差しがほとんどないため、真冬の寒さが続きます。最高気温は10℃以下のところが多く、昼間でも万全な寒さ対策が必要です。

特に関東では、東京を含め南部でも昼間の気温が5℃前後と、真冬でもあまりないような厳しい寒さとなります。

北日本も午後は雪雨が強まる

冬型の気圧配置が緩むため、午前中は雪や雨が小康状態となるものの、午後は天気が下り坂で、日本海側から雪や雨が降り出します。雷や突風、あられにも注意してください。

これまで積もった雪を片付けるのは午前中のうちがおすすめです。