2020/02/12 05:18 ウェザーニュース

■ 天気のポイント ■

・西日本や東海、北陸はだんだんと雨に
・関東は晴天 日差しの有効活用を
・北日本も気温上昇 融雪災害に要注意


今日12日(水)は、大陸からのびてくる前線が西日本に近づき、東海や北陸より西では雨が降り出します。

関東は前線の影響は小さい予想で、昼間は晴れる予想です。ただ、明日13日(木)以降は天気が崩れるので、日差しを有効に活用してください。

気温は各地で高めで3月から4月頃の暖かさになります。

西日本や東海、北陸はだんだんと雨に

西日本や東海、北陸の天気は下り坂で、九州ではすでに雨が降り出しています。雨の範囲はだんだんと東に広がり、中国四国は昼頃から、近畿は夕方から、東海や北陸は夜から雨になりそうです。外出時に雨が降っていなくても、傘をお持ちください。

また、九州では夕方以降、中国四国では夜に強雨や雷雨のおそれがあるため、早めの帰宅が安心です。

昼間の気温は比較的高めで、15℃前後のところが多くなります。

関東は晴天 日差しの有効活用を

関東は高気圧に覆われて、穏やかに晴れる予想です。最高気温は15℃前後まで上がり、春を感じる陽気になります。ただ、朝晩は冷え込むので、昼間との気温差にお気をつけください。

明日13日(木)からは曇りや雨の日が多くなるので、布団干しをするなど日差しを有効に活用するのがよさそうです。

北日本も気温上昇 融雪災害に要注意

北日本は北海道の日本海側で弱い雪の降るところがありますが、そのほかは晴れるところが多くなりそうです。

寒気が弱まり、昼間の気温は昨日11日(月)よりも大幅に上がります。北海道の雪が多く積もっているエリアでは雪崩や屋根からの落雪など雪解けによる災害に十分な注意が必要です。