2020/03/23 05:35 ウェザーニュース

■ 天気のポイント ■

・関東は冬のような寒さ 雨の可能性も
・北日本や北陸は時々雨や雪に
・西日本は晴れて穏やかな連休けに


連休明けの今日23日(月)は、低気圧や前線が本州の東の海上に移動して、大陸からは移動性の高気圧が張り出します。日本の周辺は西高東低の気圧配置になるため、北海道や東北日本海側、北陸では雨や湿った雪が降って傘の出番です。

東京など首都圏では昼間でもあまり気温が上がらず、暖かかった昨日までとは体感が一変して、冬のような寒さとなります。

関東は冬のような寒さ 雨の可能性も

関東や静岡県、山梨県周辺では雲が多い一日になります。にわか雨の可能性があるので折りたたみ傘を持ってお出かけください。

昼間でも気温はあまり上がらず、冬に戻ったような寒さになります。暖かった昨日との体感変化が大きくなるので、体調を崩さないように注意してください。

北日本や北陸は時々雨や雪に

冬型の気圧配置となり、北海道や東北日本海側、北陸ではときどき雨や湿った雪が降って、傘が必要な一日です。

上空の寒気が強いため、大気の状態が不安定となり、雷やあられを伴うおそれもあります。

西日本は晴れて穏やかな週明け

西日本では山陰や近畿北部でにわか雨の可能性があるものの、日差しが届いて穏やかな空が広がります。
昼間は過ごしやすい体感になって桜の生長や開花がさらに進みそうです。

スギ花粉の飛散はピークを越えたものの、ヒノキ花粉の飛散が始まってます。症状のある方は対策をしてお出かけください。