2020/05/07 17:02 ウェザーニュース

■ 天気のポイント ■

・全国的に青空広がる
・午後は天気下り坂のサインが出現
・朝と昼間の気温差が大きい


明日8日(金)も日本列島は移動性の高気圧に広く覆われます。

全国的に晴れて、初夏の日差しが降り注ぐ見込みです。

朝は内陸部で冷え込む一方、昼間は強い日差しで気温が上昇。気温差が大きくなります。

全国的に青空広がる

高気圧に広く覆われるため、北海道から九州まで全国的に青空が広がります。日差したっぷりの一日となる見込みです。

沖縄も雲が多めながら日差しが届きます。

紫外線が強くなっていますので、洗濯物の外干しを行うときなど、少しでも日向に出るときは、対策を行ってください。

午後は天気下り坂のサインが出現

高気圧の中心が離れる午後は、西日本から上空高い所に薄い雲が広がり始めます。

“ハロ”や“アーク”など太陽の周りに現れる虹色の現象や、長く伸びる飛行機雲が見られるかもしれません。

翌日の天気の崩れを示すサインとなりますので、空の変化に注目の一日です。

朝と昼間の気温差が大きい

穏やかに晴れて、朝は放射冷却現象が強まることで冷え込みます。

内陸部は特に気温が下がり、遅霜に注意が必要です。

昼間は強い日差しで気温が上がって、朝と昼との気温差が大きくなります。

20℃以上の気温差の所がありますので、服装をうまく調整しましょう。