2020/07/03 05:16 ウェザーニュース

■ 天気のポイント ■

・九州や四国太平洋側は大雨警戒
・関東でも天気下り坂
・北海道は待望の青空


今日3日(金)は梅雨前線が再び北上します。南から暖かく湿った空気が流れ込むため、前線の活動が活発になる見込みです。

西から雨の範囲が拡がり、前線上に発生した低気圧が接近する九州では、大雨に警戒が必要です。

九州は大雨に警戒

梅雨前線に向かって暖かく湿った空気が流れ込むため、九州や四国の太平洋側、紀伊半島南部では大雨となるおそれがあります。

道路冠水や河川用水路の増水、土砂災害の発生に警戒が必要です。

関東でも天気下り坂

前線の北上に伴って東日本でも天気は下り坂です。段々と雨が降り出し、遅い時間ほどシッカリとした雨になります。傘を忘れずにお持ちください。
中部の山沿いや静岡県では先日の雨ですでに地盤が緩んでいるため、土砂災害にも警戒が必要です。

空気はムシムシとして、梅雨本番の蒸し暑さになります。

北海道は待望の青空

曇りや雨のスッキリしない天気が続いていた北海道では、高気圧に覆われて待望の青空が広がります。
内陸部を中心に気温も上がり、昼間はカラッとした暑さになる見込みです。ただ、朝晩と昼間の気温差が大きくなるので注意してください。

海風が流れ込む太平洋側の一部ではやや雲が多くなります。