2020/07/05 05:46 ウェザーニュース

■ 天気のポイント ■

・九州は激しい雨のおそれ、新たな災害発生に警戒
・西日本や東日本の太平洋側は傘必須
・北海道と沖縄は日差しが届く


今日5日(日)は梅雨前線が再び北上し、西日本から東北は梅雨空となります。太平洋側で雨の強まる所があり、特に大雨被害が拡大している九州は強雨に警戒が必要です。

九州は激しい雨のおそれ、新たな災害発生に警戒

一旦、雨が小康状態となった九州は南部から再び雨が降り出します。

午後になると活発な雨雲が通過し、夜にかけて局地的に1時間に50mmを超えるような激しい雨が降る見込みです。

すでに大雨被害が大きくなっている熊本県を中心に、新たな災害に警戒が必要です。

西日本や東日本の太平洋側は傘必須

九州以外の西日本、東日本は梅雨空が続きます。

前線に近い太平洋側は午後にかけて本降りの雨になり、外出には傘が必須です。

日本海側も急な雨の心配がありますので、お出かけの際は折りたたみの傘をご用意ください。

各地とも気温は高めで、蒸し暑く感じられます。

北海道と沖縄は日差しが届く

北海道は高気圧に覆われ、晴れる所が多くなります。内陸部は気温が上がり、日差しに暑さを感じそうです。

道南は雲が広がりやすく、にわか雨の可能性があるため、空の変化にお気をつけください。