2020/08/07 05:58 ウェザーニュース

■ 天気のポイント ■

・関東は猛暑続く、今年一番の暑さも
・北陸以西の日本海側は傘の出番
・北海道は各地で傘の出番


今日7日(金)は二十四節気「立秋」で暦の上では秋になりますが、関東以西の太平洋側は太平洋高気圧に覆われて強い日差しと暑さが続きます。
特に関東は暑さが厳しく、今年一番の暑さになるところがある予想です。

北日本は台風4号から変わった低気圧や前線の影響で、強い風雨に警戒をしてください。

関東は猛暑続く、今年一番の暑さも

関東から西の太平洋側は立秋を迎えても晴れて厳しい暑さが続きます。

特に南西の風が山越えとなる関東は気温が上がり、今年一番の暑さになる予想です。

東京・千葉・茨城には熱中症警戒アラートも発表されています。よりいっそうの熱中症対策が必要になります。

<今日の予想最高気温>
37℃:川越(埼玉)、飯能(埼玉)
36℃:さいたま、練馬(東京)
35℃:伊勢崎(群馬)、土浦(茨城)、柏(千葉) など

北陸以西の日本海側は傘の出番

日本海の前線がやや南下するため、北陸から西の日本海側は雲が広がりやすく、雨の降るところがあります。

猛暑は一段落しますが、外出時は傘が必要です。

北日本は強まる風雨に注意

北海道は台風4号から変わった低気圧が発達しながら通過するため、道北を中心に雨が強く降ります。
全道的に風が強く、すでに瞬間的には30m/s近い暴風が観測され、鉄道など交通機関にも影響が出ており、飛来物や停電などに注意をしてください。

前線が通過する東北も一時的に雨の強まるところがあり、こちらは8日(土)から9日(日)にかけて大雨のおそれがあるため、早めの対策が必要です。