2020/08/09 17:08 ウェザーニュース

■ 天気のポイント ■

・山の日も峠を越えない暑さ
・西日本は激しい雷雨のおそれ
・北海道も傘の出番あり


連休最終日の明日10日(月)も太平洋高気圧が張り出して西日本や東日本を中心にうだるような厳しい残暑が続きます。台風がもたらす暖かく湿った空気の影響で九州など西日本太平洋側では局地的に激しい雷雨になるおそれがあります。北上した前線が停滞する北海道でも一時的に強まる雨に注意が必要です。

山の日も峠を越えない暑さ

連休最終日の明日10日(月)も太平洋高気圧が張り出して西日本や東日本を中心にうだるような厳しい残暑が続きます。東京の最高気温は35℃で猛暑日になる予想です。

こまめな水分補給や冷房の活用など最大限の熱中症対策が欠かせません。昇温の影響で大気の状態が不安定になり、午後は山沿いでにわか雨や雷雨の可能性があるため注意が必要です。

西日本は激しい雷雨のおそれ

台風5号がもたらす暖かく湿った空気の影響で九州や西日本太平洋側、南西諸島では局地的に激しい雷雨になるおそれがあります。

台風の進路に近い五島列島や対馬、九州の東シナ海沿岸では吹き荒れる強風にも警戒が必要です。

北海道も傘の出番あり

太平洋高気圧が張り出して、東北に大雨をもたらした前線は北海道まで北上します。

北海道では日本海側を中心に雨が降り、一時的にザッと強まる可能性があります。雨が降っても気温は高めでジメジメ、ムシムシとした体感です。